データセンターのインフラは常に進化し続けています。5G、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)、自動運転車といった最新技術のために、ネットワーク上のデータは爆発的に増加しており、データセンターのコンピューティングと性能に対する要求はこれまでになく高まっています。

キーサイトでは、レイヤー1の物理層テストからレイヤー2~7に対するネットワーク全体のテストまで、すべてのネットワークレイヤーを対象とした広範囲のテストソリューションを提供しています。これには、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)やネットワーク機能仮想化(NFV)の検証やトラフィックローディングが含まれます。キーサイトは、データ・センター・インフラのイノベーションを促進することで、お客様が新しいサービスの展開に集中できるようにします。

データセンターのコンポーネントとトランシーバー

現在、多くのデータセンターが容量の上限に達しています。データ・センター・プロバイダーは、チャネル帯域幅を増やして400GEの速度を達成する方法を見つける必要に迫られています。ビット当たりの消費電力を下げることも重要です。データ・センター・プロバイダーは、トランシーバーのメーカーに対して、次世代の速度クラスへの移行を求めています。

100GEから400GEにアップグレードするためには、まったく新しいテストセットが必要です。400GEトランシーバーのテストは複雑で、これまでにないテストの課題が発生します。次世代トランシーバーにアップグレードすることによって、チャネル容量の増加、品質と互換性の保証、テストの時間とコストの削減といった利点が得られます。キーサイトは、お客様のトランシーバーのイノベーションの促進をお手伝いします。

SDN/NFVと仮想化

企業やサービスプロバイダーは、敏速でコストパフォーマンスの高いサービス展開を可能にするため、仮想化されたSDN対応のネットワークインフラへの移行を進めています。SDNやNFVを使用することで、スケーラビリティーが高く、柔軟で、オープンスタンダードなネットワークアーキテクチャーへの移行が可能になります。

物理インフラから仮想インフラに移行する際には、顧客が体験する品質を維持し、改善するために、仮想化ネットワークとデータに対する完全な可視性が必要です。その可視性を利用して、アプリケーションの性能を測定し、データが計画通りにネットワーク内を流れることを確認する必要があります。キーサイトは、SDN/NFVへの移行を支援し、仮想化の成功を後押しします。

高速デジタルインターコネクト

デジタル信号がギガビットの速度に達すると、「予測不能」が通常の状態になります。変化が速く要求の厳しい今日の環境では、テストするテクノロジーの複雑な細部の理解に時間をかける余裕はありません。デジタル規格に関しては、世代が代わるたびに新しいリスクが立ちはだかります。

高速デジタルデザインのテストは、デザインからシミュレーション、解析、デバッグ、コンプライアンステストに至るまで、製品開発のすべての段階で行う必要があります。キーサイトは、お客様のギガビット・デジタル・デザインの問題の発見、性能の最適化、市場投入までの期間の短縮をお手伝いします。

通信コンポーネントおよびトランシーバー

ネットワークプロバイダーは、どんな状況でも容量の限界を感じさせないインフラを構築する必要があります。物理層の複雑な変調光信号を詳細に解析するために、一貫した光テストソリューションが必要です。高まり続けるユーザーの要求に応えられるネットワークインフラの構築をキーサイトがお手伝いします。

ご要望、ご質問はございませんか。