データセンターのインフラは常に進化しています。5G、人工知能(AI)、バーチャルリアリティ(VR)、モノのインターネット(IoT)、自律走行車などの最新のテクノロジーはネットワークに膨大なデータを生み、データセンターにとっての新たな処理能力と性能に関する要件となります。

物理であるレイヤー1のテストから、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)/ネットワーク機能仮想化(NFV)検証およびトラフィックロードを含む、レイヤー2〜7の完全なネットワークテストまで、すべてのネットワークレイヤーにわたる最も幅広いデータセンターテストソリューションを提供します。キーサイトは、データ・センター・インフラのイノベーションを促進することで、お客様が新しいサービスの展開に集中できるようにします。

データセンター・コンポーネントとトランシーバー

多くのデータセンターは現在最大容量に達しています。データ・センター・プロバイダは、400GEの速度を達成するためにチャネル帯域幅を増やす方法を見つける必要があります。ビットあたりの電力を減らすことも同様に重要です。データ・センター・プロバイダは、次世代の高速規格に移行するためにトランシーバー・メーカーに目を向けています。

100GEから400GEにアップグレードするには、まったく新しい設定でのテストが必要です。400GEコンポーネントとトランシーバのテストは複雑であり、新たなテスト課題が生じます。チャネル容量を増やし、品質と互換性を保証し、テスト時間とコストを削減できる次世代のトランシーバーへのアップグレードをお客様は求めています。キーサイトなら、お客様のトランシーバーのイノベーションを容易にするお手伝いができます。

SDN、NFV、仮想化

企業やサービスプロバイダーは、敏速でコストパフォーマンスの高いサービス展開を可能にするため、仮想化されたSDN対応のネットワークインフラへの移行を進めています。SDNやNFVを使用することで、スケーラビリティーが高く、柔軟で、オープンスタンダードなネットワークアーキテクチャーへの移行が可能になります。

データセンターを物理インフラストラクチャから仮想インフラストラクチャに移行する際、仮想化されたネットワークとデータとを完全に可視化して、お客様のエクスペリエンスの品質を維持または改善する必要があります。アプリケーションの性能を測定し、データが計画どおりにネットワークを通過するようにするには、モニター機能へのアクセスが必要です。キーサイトは、SDN、NFVへの移行を加速させて、仮想化の実現を保証します。

高速デジタルシステム設計

デジタル信号の速度がギガビット/秒に達すると、予測できないことがよく起こります。急速に進化する今日の厳しい環境では、テスト対象テクノロジーの複雑さを理解する時間的余裕はほとんどありません。デジタル規格では、世代交代のたびに新しいリスクが発生します。

設計からシミュレーション、解析、デバッグ、コンプライアンステストまで、製品開発のすべての段階で、高速デジタル設計とデータセンター・コンポーネントをテストする必要があります。キーサイトは、ギガビットデジタル設計の問題を発見し、性能を最適化することで、製品化までの時間を短縮することができます。

テレコム・コンポーネントとトランシーバー

ネットワーク・プロバイダーとしてどのような状況でも容量に制限がないように体感できるインフラを構築する必要があります。物理層における複雑な変調光信号の詳細な解析ができるコヒーレント光テストソリューションが必要です。キーサイトは、データセンターで増え続けるユーザーの要求をサポートできるネットワーク・インフラストラクチャの構築を支援できます。

ご要望、ご質問はございませんか。