ハイライト

SL100XA Scienlab バッテリー・テスト・システム - モジュールレベル・シリーズのご紹介

SL1001A / SL1006Aバッテリー・テスト・システム(モジュールレベル)シリーズは、車載/産業アプリケーション向けバッテリーモジュールのシンクとソースのエミュレーションに役立ちます。

  • 多数のチャネルを使った耐久テストでも、回生機能により高効率でコストパフォーマンスの高い運用を実現
  • 最大6 Vのバッテリーセルのテストに比較的安定した測定確度を有するため、モジュールをセル・テスト・システムとして使用可能(オプション)
  • テストシーケンスに対して直接、バッテリー・マネジメント・システム(BMS)値を変数あるいはスイッチオフの基準として同期
  • BMS経由で出力源を直接制御

あらゆるアプリケーションで高性能を実現

モジュールへのバッテリーセルの内部接続では、追加の要件が測定器に求められます。以下の場合にはより高い電圧と電流が必要です。

  • セルの可逆的電気/温度の影響を調べるために複数の温度の記録
  • モジュールの機械的接続と性能の確認
  • BMSの通信

主な仕様

電圧範囲

20~300 V

電流オプション

100~750 A

電源オプション

2~68 kW

確度

測定値の±0.05 %

さらに詳細な仕様を参照しますか?

最適なモデルの検索

これらの製品の1つを既にお持ちの場合は、テクニカルサポートにアクセスしてください

SL1001A Scienlab バッテリー・テスト・システム – モジュールレベル

  • 電圧範囲:20~300 V
  • 電流オプション:100 A、300 A、600 A、750 A
  • 電源オプション:2~68 kW
  • チャネル数:最大16個

SL1006A Scienlab バッテリー・テスト・システム – モジュールレベル

  • コンパクトキャビネット版
  • 電圧範囲:20~90 V
  • 電流オプション:100 A、300 A、600 A
  • 電源オプション:2~24 kW
  • チャネル数:最大6個

ご要望、ご質問はございませんか。