ホワイトペーパー 2020.02.05

容易になったIQ信号生成

容易になったIQ信号生成

この技術記事では、理想的なIQ信号と現実的なIQ信号を生成する方法を紹介します。 Keysight 33500B/33600A Trueformシリーズ波形発生器とIQ信号プレーヤーオプションを使用して、その方法を説明します。

2020.02.05

ホワイトペーパー 2020.01.26

DDR4以降のデザイン

DDR4以降のデザイン

5G、IoT(モノのインターネット)、人工知能、自律走行車といった新しいテクノロジーに合わせて、高速デジタル規格も進化しています。 各テクノロジーの進化によって確実にデザインのハードルが上がり、前進するたびに新たな障害が発生します。これは特に、メモリシステムをデザインするハードウェアエンジニアに当てはまります。 メモリのデザイナーは、適切なシミュレーションベースのデザイン/解析ワークフローソリューションを採用することが重要です。 こちらで方法を説明します。

2020.01.26

ホワイトペーパー 2020.01.08

テクニカルサポートセンターの有効利用:5Gへの円滑な移行をサポート

テクニカルサポートセンターの有効利用:5Gへの円滑な移行をサポート

この技術記事では、5Gデバイスとネットワークの設計/開発において見過ごされがちな課題と、それらに対処する際の付加価値サポートサービスの役割について説明します。

2020.01.08

ホワイトペーパー 2020.01.06

シグナルインテグリティーの課題を解決するための3つのステップ

シグナルインテグリティーの課題を解決するための3つのステップ

今日の複雑なボードにおけるシグナルインテグリティーの問題に取り組むことは、困難な課題です。 シグナル・インテグリティー・エンジニアにとっての共通の課題には、クロストーク、信号の損失または歪み、帯域幅の劣化などがあります。 3つのステップで一般的なシグナルインテグリティーの課題を解決してください。

2020.01.06

ホワイトペーパー 2020.01.06

比較:DAQ970A/DAQ973Aと34970A/34972A データロガー/データ収集システム

比較:DAQ970A/DAQ973Aと34970A/34972A データロガー/データ収集システム

この技術資料では、データロガー/データ収集システムについて、次世代のDAQ970A/DAQ973Aと従来の34970A/34972A の比較をご紹介します。

2020.01.06

ホワイトペーパー 2019.12.04

オートキャル機能によるDMM測定の安定度/確度の向上

オートキャル機能によるDMM測定の安定度/確度の向上

多くのアプリケーションで、ベンチトップ型またはシステム内のDMMによる正確な測定が極めて重要です。 しかし、リアルタイム環境のデジタルマルチメータ(DMM)では、環境温度の変化を含んだ、長時間にわたって、一貫して正確な測定を確保するために、自己校正が必要になります。 オートキャル機能によるDMM測定の安定度/確度の向上について、詳しくご覧ください。

2019.12.04

ホワイトペーパー 2019.12.03

E5080Bだからできる5つのこと(E5071Cではできないこと)

E5080Bだからできる5つのこと(E5071Cではできないこと)

Keysight E5080B ベクトル・ネットワーク・アナライザは、デバイステストを簡素化できる便利な機能を備え、研究開発および製造のテスト向けに高度で包括的なソリューションを提供します。

2019.12.03

ホワイトペーパー 2019.11.21

RFテストツールの新常識: オシロスコープをRFラボで使用することの利点

RFテストツールの新常識: オシロスコープをRFラボで使用することの利点

現在開発中の新しいミリ波テクノロジーの多くは、シグナル・アナライザで直接測定できる範囲よりも広い変調帯域幅で動作するのです。また、最新のMIMO(マルチ入力マルチ出力)テクノロジーには、位相コヒーレントマルチチャネル解析が必要です。これにより、テストツールの選択方針に変化が生じます。多くのRFエンジニアにとっては驚きかもしれませんが、オシロスコープが基本的なRFテストツールの地位を確立する日が近いと見られています。

2019.11.21

ホワイトペーパー 2019.11.06

正確なレーダーレシーバー測定の実行

正確なレーダーレシーバー測定の実行

この技術記事では、被試験レーダーレシーバーの代表的なテストセットアップの確認、重要なパワーレベル確度のドリフトの解析、結果のモデリング、および洞察の獲得によるリスクの軽減について説明します。

2019.11.06

ホワイトペーパー 2019.10.30

5Gの最初のステップ:New Radioデバイスのデザイン課題をいかに解決するか? パート3:MIMOとビームフォーミング

5Gの最初のステップ:New Radioデバイスのデザイン課題をいかに解決するか? パート3:MIMOとビームフォーミング

5Gテクノロジーで最もよく話題に上るのは、MIMO(マルチ入力マルチ出力)、ビームステアリング、ビームフォーミングです。 これらのテクノロジーは、IMT-2020 Visionで仕様化された100倍のデータレートと1000倍の容量目標を達成するために不可欠です。 MIMOは、このような需要に対応するうえで、ネットワークの容量と効率を向上させる最善の方法の1つです。 デバイスでは、6 GHz未満とミリ波周波数での複数の周波数バンドと、多くの状況(大量のIoT接続と極度のデータスループットなど)に対応できる、複数のアンテナテクノロジーをサポートしている必要があります。 5GデバイスでMIMOを実装すると、3Dアンテナのビームパターンの検証、ミリ波リンクの信頼性、実環境下でのデバイス性能の最適化など、設計者が克服すべき新しい課題が生じます。

2019.10.30

ホワイトペーパー 2019.10.30

5Gの最初のステップ:New Radioデバイスのデザイン課題をいかに解決するか? パート4:OTAテスト

5Gの最初のステップ:New Radioデバイスのデザイン課題をいかに解決するか? パート4:OTAテスト

OTA(Over-The-Air: 無線)テストは、5Gデバイス開発において最も大きな課題の1つです。 このシリーズでは、デバイス設計者に関わる5Gの多くの側面を検討してきました。これには、新しい5G NR規格、柔軟なヌメロロジー(numerology)、ミリ波でのデザインの注意事項、MIMO、ビームフォーミングの課題などがありました。 このようなテクノロジーを組み合わせて使用すると新たな難しい課題に直面しますが、これはOTAテストでのみ検証できます。

2019.10.30

ホワイトペーパー 2019.10.30

5Gの最初のステップ:New Radioデバイスのデザイン課題をいかに解決するか?- パート2:ミリ波スペクトラム

5Gの最初のステップ:New Radioデバイスのデザイン課題をいかに解決するか?- パート2:ミリ波スペクトラム

5G New Radio:New Radioデバイスのデザイン課題の克服 - 本技術記事シリーズのパート2では、ミリ波スペクトラムで設計者が直面する問題点について説明します。 ミリ波帯域で信号品質の要件に対応するのは難しい課題です。

2019.10.30

ケーススタディー 2020.02.17

ヤマハファインテックが高周波PCBの高速かつ正確な特性評価を実現

ヤマハファインテックが高周波PCBの高速かつ正確な特性評価を実現

ヤマハファインテックは、キーサイトの高周波測定用PXIベクトル・ネットワーク・アナライザを導入し、100%トレーサブルなPCBテストソリューションの開発に成功しました。

2020.02.17

ケーススタディー 2020.01.29

車載用ECUデザイナーが消費電力を10 %削減

車載用ECUデザイナーが消費電力を10 %削減

車載用チップメーカーは、大きなピーク電流の問題を解決し、消費電力と発熱を削減しながら、高度運転支援システム向け製品の信頼性を確保しています。

2020.01.29

ケーススタディー 2019.10.01

PathWave ADSによりSECOがDDR4ボードの障害をゼロにし、デザインの最適化時間を35 %短縮

PathWave ADSによりSECOがDDR4ボードの障害をゼロにし、デザインの最適化時間を35 %短縮

DDRテクノロジーの速度が増加すると、シグナルインテグリティーの維持がより困難になります。 デザインの信頼性と確度を保持するには、新しいツールとプロセスが必要です。

2019.10.01

ケーススタディー 2019.09.24

設計チームが高速デジタルPCBの効率を100 %向上

設計チームが高速デジタルPCBの効率を100 %向上

IPS社は、キーサイトのPathWave Advanced Design System(ADS)には安定した信頼性の高い高速デジタルPCBのデザインに必要な、すべてのツールとプロセスが含まれているという結論に至りました。

2019.09.24

ケーススタディー 2019.09.06

Analog Devicesが正確な電流プロファイリングを IoTデバイスの最適化に活用

Analog Devicesが正確な電流プロファイリングを IoTデバイスの最適化に活用

モノのインターネット(IoT)が、医療、工場、都市、農業、インフラなどに革命をもたらしています。IoTデバイスは、センサを使用して温度、湿度、加速度、光などの情報を電気信号に変換し、それらをクラウドに送信します。代表的なIoTデバイスは、センサに加えて、マイクロコントローラーユニット、電力管理集積回路、RFICで構成され、小型のバッテリーで動作します。信頼性の高い高性能IoTデバイスの取得と、バッテリー寿命の延長および不具合の回避を同時に実現することは、業界の最大の課題の1つです。アナログおよびアナログ/デジタル・ミックスド・シグナル・デバイスのグローバルリーダーであるAnalog Devices, Inc.(ADI)では、キーサイト・テクノロジーのCX3300A自動電流プロファイラーを使用して、電流プロファイル解析の時間短縮と、IoTソリューションのデザインと信頼性の最適化を達成しました。

2019.09.06

ケーススタディー 2019.09.06

キーサイトのテストソリューションがEnflame TechのAIチップのポストシリコン検証を高速化

キーサイトのテストソリューションがEnflame TechのAIチップのポストシリコン検証を高速化

Enflameは、人工知能(AI)SoCとチップセットの製品開発を加速するため、最新の高速デジタル・インタフェース・テスト・ソリューションを提供する線逆的パートナーとしてキーサイトを選びました。

2019.09.06

ケーススタディー 2019.07.09

IITカーンプル校がパラメトリック/デバイス特性評価を使用してGaNトランジスタのASM-HEMTモデルを開発

IITカーンプル校がパラメトリック/デバイス特性評価を使用してGaNトランジスタのASM-HEMTモデルを開発

IITカーンプル校はキーサイトのソリューションを使用してGaNトランジスタを対象とする業界初のASM-HEMTモデルを開発しました。

2019.07.09

ケーススタディー 2019.07.07

自動車メーカーが75 %の人的リソース削減と、高性能バッテリーセルの開発/製造計画の確立を実現

自動車メーカーが75 %の人的リソース削減と、高性能バッテリーセルの開発/製造計画の確立を実現

A car maker used Keysight's cell and battery test systems, coupled with a powerful software platform to automate processes, resulting in significant reduction in labor while ensuring product quality.

2019.07.07

ケーススタディー 2019.06.19

キーサイトの最先端のラボによる工学教育の変革

キーサイトの最先端のラボによる工学教育の変革

5GとIoTによって、世界中で既存の秩序が覆りつつある現在、 入社初日からただちに仕事にかかれる「即戦力となる」工学部卒業生への需要はかつてなく高まっています。 この課題を解決した大学の事例を紹介しましょう。

2019.06.19

ケーススタディー 2019.05.26

アルプスでの革新 – 雪崩の予測

アルプスでの革新 – 雪崩の予測

キーサイトのFieldFoxハンドヘルドRF/マイクロ波アナライザが、雪崩の予測を支援するための新しい方法でどのように使用されているかを紹介します。

2019.05.26

ケーススタディー 2019.05.09

5G RFデザインのスタートアップ企業が最先端のGaN/GaAsデバイスを短期間で提供

5G RFデザインのスタートアップ企業が最先端のGaN/GaAsデバイスを短期間で提供

成長する無線業界で成功を収めるために、企業は最先端のデバイスを競争力のあるスピードで実現しなければなりません。 そのためには、5Gで要求される高周波を正確に測定できる高度なデザインツールとシミュレーションツールが必要です。

2019.05.09

ケーススタディー 2019.03.31

スマートメーター製造ラインでのOEE:総合設備効率を40 %向上

スマートメーター製造ラインでのOEE:総合設備効率を40 %向上

ほとんどのデザインチームにとっては、デザインを完成させ、製造に向けた準備を整えるときが、勝利の瞬間となります。ただし、製品が製造段階に移行しても、デザインとテストの課題は終了しません。

2019.03.31

電子書籍 2020.01.30

複雑な波形を効率的に生成する4つの方法

複雑な波形を効率的に生成する4つの方法

電気の設計やシステムを特性評価、テスト、トラブルシューティングするために信号を生成するには、手間も時間もかかることがあります。 そこでキーサイトの専門家は、シンプルな波形や複雑な波形をより効率的に生成する方法を4つ考案しました。

2020.01.30

電子書籍 2019.12.06

スイッチング電源解析ガイド

スイッチング電源解析ガイド

すべての電気製品に共通に備わっているもの、それは電源です。 正確で安定したDC電源がないと、デバイスは動作不良を起こすおそれがあります。 オシロスコープを使用してスイッチング電源をテストする方法を習得し、安全で信頼できる設計を保持できるようにしましょう。

2019.12.06

電子書籍 2019.09.09

データ・センター・インターコネクトの3つの主なトレンド: 400Gb/sの達成、さらにその先へ

データ・センター・インターコネクトの3つの主なトレンド: 400Gb/sの達成、さらにその先へ

デジタルコヒーレント光技術は、長距離電気通信ネットワークで広く使用されていますが、コストが非常にかかるため、DCIのような短距離での使用にはこれまで実用的ではありませんでした。集積フォトニクステクノロジーと400ZRのような新しい規格の開発により、DCIは新たな速度クラスに到達できるようになります。コヒーレント光技術を使用すれば、DCIは当たらな速度クラスに到達できるようになります。コヒーレント光技術を使用すれば、DCIは1本のファイバーラインでテラビット規格の情報を伝送でき、増え続けるデータ需要に対応する柔軟性を実現できます。

2019.09.09

電子書籍 2019.09.08

4つの機能を活用したネットワーク解析

4つの機能を活用したネットワーク解析

このeBook(電子書籍)では、高度なネットワーク・アナライザ機能を利用して、最新デバイステストの課題に対応する方法を説明します。

2019.09.08

電子書籍 2019.06.12

FIELDFOXハンドヘルド・アナライザ 便利で優れた5つのハンドヘルド・アナライザ・ツール

FIELDFOXハンドヘルド・アナライザ 便利で優れた5つのハンドヘルド・アナライザ・ツール

Looking for a multi-purpose analyzer to meet your field measurement needs? Look no further. Check out this eBook to learn about 5 surprising tools you can use to make accurate and easy measurements in the field.

2019.06.12

電子書籍 2019.05.20

IoTデバイスを環境に合わせ問題なく動作させるための、共存テスト 干渉の探索と特定

IoTデバイスを環境に合わせ問題なく動作させるための、共存テスト 干渉の探索と特定

IoTデバイスが意図した環境で正しく動作することを確認するためには、4つの主要なステップが存在します。

2019.05.20

電子書籍 2019.05.02

IoTデバイスのバッテリー寿命を最適化するための4つのヒント

IoTデバイスのバッテリー寿命を最適化するための4つのヒント

Battery life is one of the most important considerations for IoT devices. This eBook explores steps to optimizing the battery life in your IoT devices.

2019.05.02

電子書籍 2019.05.01

高速デジタル規格評価の謎を解く 6つの次世代標準に備える方法

高速デジタル規格評価の謎を解く 6つの次世代標準に備える方法

このeBook(電子書籍)を利用すると、高速デジタル規格評価の謎を解いて、6つの次世代標準に備える方法を見つけることができます

2019.05.01

電子書籍 2019.04.04

シグナル・アナライザを理解するトランスミッターテストの最適化のための5つのヒント

シグナル・アナライザを理解するトランスミッターテストの最適化のための5つのヒント

トランスミッターテストの最適化は、皆さんが思うほど困難な作業ではありません。このeBook(電子書籍)では、効率を上げ、より正確な測定結果を得るための5つのヒントを紹介します。測定時間を短縮し、測定誤差を減らし、測定結果の信頼性を上げるための簡単な方法を知ることができます

2019.04.04

電子書籍 2019.03.16

シグナル・アナライザを理解する - トランスミッターテストの最適化のための5つのヒント

シグナル・アナライザを理解する - トランスミッターテストの最適化のための5つのヒント

トランスミッターテストの最適化は、皆さんが思うほど困難な作業ではありません。このeBook(電子書籍)では、効率を上げ、より正確な測定結果を得るための5つのヒントを紹介します。測定時間を短縮し、測定誤差を減らし、測定結果の信頼性を上げるための簡単な方法を知ることができます。

2019.03.16

電子書籍 2019.03.07

第5世代高速デジタル設計における4つの主な考慮事項 データセンターの高速化への対応

第5世代高速デジタル設計における4つの主な考慮事項 データセンターの高速化への対応

データセンターの400GbEへの道を開く

2019.03.07

電子書籍 2019.02.26

徹底検証 オシロスコープのシグナルインテグリティー

徹底検証 オシロスコープのシグナルインテグリティー

シグナルインテグリティーは、エレクトロニクスの世界で常に関心を集め続けているテーマです。今日のデザインでは、マージンの縮小とデータレートの高速化により、測定の確度が今までにもまして重要になっています。あらゆるオシロスコープメーカーが、シグナルインテグリティーに関して何らかの売り文句を用意しています。例えば、最大のADCビット数、最も低いノイズフロア、最高速のサンプリングレートなどです。こういった仕様はすべて重要ですが、もっと大切なのは、測定システム全体を理解して、単に1つの仕様だけに基づいて結論を下さないことです。

2019.02.26

ソリューション概要 2019.06.05

車載レーダー・テスト・ソリューション

車載レーダー・テスト・ソリューション

車載レーダーがミッドクラスカーの標準機能になり、レーダーテクノロジーは、高周波、広帯域、高分解能、マルチターゲットへと進化し続けています。車載レーダーシステムに関する高度なテクノロジー、進化する規格、最新のテスト要件に遅れを取らないことが困難な場合があります。

2019.06.05

ソリューション概要 2018.04.26

近傍界用ノイズ抑制シート評価システムトランスミッションアッテネーションパワーレシオ測定システム(Rtp測定システム)

近傍界用ノイズ抑制シート評価システムトランスミッションアッテネーションパワーレシオ測定システム(Rtp測定システム)

Brochure

2018.04.26

ソリューション概要 2017.09.05

5G RF DVTツールセット

5G RF DVTツールセット

This flyer introduces the Keysight 5G RF/RRM Design Verification toolset which is a comprehensive solution to address diverse global spectrum requirements and efficiently prototype advanced 5G RF/RRM features, including beamforming at mm-Wave frequencies and standalone/non-standalone use cases.

2017.09.05

ソリューション概要 2017.08.03

Quantum Researchersツールキット+Labber

Quantum Researchersツールキット+Labber

Overview of solutions for researchers in quantum information systems identifying and improving the performance of single quantum bit (qubit) and multi-qubit architectures. Solutions includes modular instrumentation and Labber software.

2017.08.03

ソリューション概要 2017.05.17

5Gプロトコル研究開発ツールセット

5Gプロトコル研究開発ツールセット

This flyer introduces the Keysight industry-first 5G Protocol R&D Test Solution as a comprehensive suite of tools supporting all phases of wireless device development, from pre-silicon protocol module development, through to systems integration and verification.

2017.05.17

ソリューション概要 2017.04.25

Keysightテクノロジー・リフレッシュ・サービス テクノロジーリフレッシュによって収益性を高めるための4つの方法

Keysightテクノロジー・リフレッシュ・サービス テクノロジーリフレッシュによって収益性を高めるための4つの方法

Maximize test asset value. At some point, your assets will show it's age and it's time to evaluate a technology refresh strategy.

2017.04.25

ソリューション概要 2017.04.25

Keysightテクノロジー・リフレッシュ・サービス コストパフォーマンスの高い包括的なテクノロジーリフレッシュ戦略の構築

Keysightテクノロジー・リフレッシュ・サービス コストパフォーマンスの高い包括的なテクノロジーリフレッシュ戦略の構築

To maximize your return on investment (ROI), limit unscheduled downtime, and make a smooth transformation of your test flow your need a comprehensive, cost-effective technology refresh strategy.

2017.04.25

ソリューション概要 2016.10.04

キーサイト標準ラボ校正

キーサイト標準ラボ校正

technical overview

2016.10.04

Solution Briefs 2020.07.23

Palo Alto Networks and Keysight Technologies Intelligence to Secure the Enterprise

Palo Alto Networks and Keysight Technologies Intelligence to Secure the Enterprise

Make sure the foundation your security tools connect to is as secure and scalable as the tools themselves. Ixia's Vision ONE and iBypass combine with Palo Alto Networks next-gen firewalls to create a solution that scales as you need to – quickly, securely, and reliably. Download the solution brief to learn more.

2020.07.23

Solution Briefs 2020.07.22

Multichannel Current Measurement Solution Using a DAQ

Multichannel Current Measurement Solution Using a DAQ

See our solution brief to learn how the Keysight Technologies DAQ970A and DAQ973A data acquisition (DAQ) systems can provide you the versatility, robust functionality, and cost-effectiveness you need to design multi-channel current test systems.

2020.07.22

Solution Briefs 2020.07.09

Validate the Quality of RF Signals Used for Aircraft Navigation Testing

Validate the Quality of RF Signals Used for Aircraft Navigation Testing

Gain confidence in your avionics navigation system by verifying signals from a signal generator or transmitter.

2020.07.09

Solution Briefs 2020.07.06

Hawkeye: Helping Carriers Monetize and Manage SD-WAN

Hawkeye: Helping Carriers Monetize and Manage SD-WAN

Keysight Hawkeye provides service providers with a cost-effective way to manage, monitor, and monetize their SD-WAN deployments. Learn more in this solution brief.

2020.07.06

ブローシャー 2020.04.13

ミリ波低損失誘電材料評価の決定版

ミリ波低損失誘電材料評価の決定版

簡単で再現性の高い測定を80GHzまで!5Gをはじめとするミリ波アプリケーションに必要な低損失材料測定を可能にする、高性能なスプリットシリンダ共振器です。

2020.04.13

ブローシャー 2020.04.13

18GHz~110GHzの汎用材料評価ソリューション

18GHz~110GHzの汎用材料評価ソリューション

フリースペース法による再現性の高い誘電率・透磁率・斜入射反射特性評価

2020.04.13

ブローシャー 2020.04.06

低損失誘電材料測定の定番ソリューション 1GHz~10GHz

低損失誘電材料測定の定番ソリューション 1GHz~10GHz

空洞共振器摂動法を用いた使いやすく再現性の高いソリューション

2020.04.06

ブローシャー 2020.02.24

SMARTer with Keysight – キーサイトでよりスマートに

SMARTer with Keysight – キーサイトでよりスマートに

他の誰よりも際立つために必要な最先端のツール、知識、およびスキルをご提供し、学術研究者、教育者、および学生の皆様の力になります。 スマートに進める準備は万全ですか? キーサイトがお手伝いします。

2020.02.24

ブローシャー 2020.02.06

Keysight Infoline

Keysight Infoline

Keysight Infolineでは、価値を最大化する強力なツールで、統合されたグローバルな製品サポート情報に簡単にアクセスすることができます。 保証期間、校正証明書、作業状況をはじめとする情報を入手できます。

2020.02.06

ブローシャー 2019.12.18

RFからテラヘルツ領域に広がるデバイス特性研究における新たなブレークスルーを求めて

RFからテラヘルツ領域に広がるデバイス特性研究における新たなブレークスルーを求めて

キーサイトは、RF、マイクロ波、ミリ波、テラヘルツ周波数でデバイスの特性評価を行うための学術研究者向けの幅広いソリューションを提供します。

2019.12.18

ブローシャー 2019.12.18

先端材料研究における新たなブレークスルーを求めて

先端材料研究における新たなブレークスルーを求めて

キーサイトは、先端材料科学および工学の学術研究者向けに幅広いソリューションを提供し、次世代の技術と製品を作成します。

2019.12.18

ブローシャー 2019.12.14

5Gやヘルスケアなどの研究分野における新たなブレークスルーを求めて

5Gやヘルスケアなどの研究分野における新たなブレークスルーを求めて

キーサイトは、5G、生物医学、エネルギー、光学およびフォトニクス、量子工学などの主要産業分野の学術研究者向けのソリューションを提供しています。

2019.12.14

ブローシャー 2019.12.12

KeysightCare より高い次元のサポート

KeysightCare より高い次元のサポート

測定器に関する質問、校正、修理。そのどれもで迅速な対処が求められます。KeysightCareは基本的な保証だけでなく包括的なサポートを提供します。

2019.12.12

ブローシャー 2019.11.13

RF(高周波)測定器ラインアップ  Vol.1

RF(高周波)測定器ラインアップ Vol.1

RF measurement instrument lineup

2019.11.13

ブローシャー 2019.11.13

プレミア・レンタル・パートナー RF(高周波)測定器ラインアップ  Vol.1

プレミア・レンタル・パートナー RF(高周波)測定器ラインアップ Vol.1

RF measurement instrument lineup for rental

2019.11.13

ブローシャー 2019.10.22

BGA搭載基板の品質保証、どうしますか? バウンダリスキャン+VTEPでBGAチップの足浮きを検査可能 キーサイト特許技術VTEPとは?

BGA搭載基板の品質保証、どうしますか? バウンダリスキャン+VTEPでBGAチップの足浮きを検査可能 キーサイト特許技術VTEPとは?

バウンダリスキャン非対応ICやコネクタのテストが可能!バウンダリスキャンICをVTEP測定の信号源とすることにより、コネクタやIC間のテストが行え、テストカバレージを大幅に向上することが可能

2019.10.22

アプリケーションノート 2020.03.12

Advanced Materials 用語・略語集

Advanced Materials 用語・略語集

常に進化し続け、今後も発展が期待される材料科学の分野でよく用いられる、いくつかの用語と定義をご覧いただけます。

2020.03.12

アプリケーションノート 2019.11.18

DMMディスプレイのグラフ表示

DMMディスプレイのグラフ表示

Keysight 34461Aでは、PCにデータを転送しなくても測定データの解析が行えます。

2019.11.18

アプリケーションノート 2019.11.18

3GPP Long Term Evolution システムの概要、製品開発、テスト上の問題

3GPP Long Term Evolution システムの概要、製品開発、テスト上の問題

This application note describes the Long Term Evolution (LTE) being developed by 3GPP and highlights the LTE’s use of multiple antenna techniques, SC-FDMA and keysight test solutions.

2019.11.18

アプリケーションノート 2019.11.14

デジタルマルチメータ(DMM)による同時測定

デジタルマルチメータ(DMM)による同時測定

Keysight 34460A/70AシリーズDMMの同時測定機能を使用すれば、データの解析時間を短縮できます。 詳細はこちらです。

2019.11.14

アプリケーションノート 2019.11.04

顧客事例 株式会社オンテック キーサイトのADSとEMProを基板の設計に活用 4K対応放送機器のDDR4および12G-SDIの動作を検証

顧客事例 株式会社オンテック キーサイトのADSとEMProを基板の設計に活用 4K対応放送機器のDDR4および12G-SDIの動作を検証

Utilizing ADS and EMPro for PCB mounting design

2019.11.04

アプリケーションノート 2019.10.07

SiCパワーデバイスに向けた新しい解析モデル、シミュレーション精度の大幅改善で普及を後押し

SiCパワーデバイスに向けた新しい解析モデル、シミュレーション精度の大幅改善で普及を後押し

顧客事例 ローム株式会社

2019.10.07

アプリケーションノート 2019.10.02

電源シミュレーションの解析精度が大幅に向上 DCバイアス/直流重畳を考慮したモデルで実現

電源シミュレーションの解析精度が大幅に向上 DCバイアス/直流重畳を考慮したモデルで実現

顧客事例 TDK株式会社

2019.10.02

アプリケーションノート 2019.09.21

I/Q変調の利点

I/Q変調の利点

8つのパートからなるこのシリーズのパート1では、差動4相位相シフトキーイング(DQPSK:Differential Quadrature Phase Shift Keying)などのI/Q変調方式が、データ伝送の高速化/効率化に関してどのような利点があるのかを解説します。

2019.09.21

アプリケーションノート 2019.07.09

オシロスコープのシグナルインテグリティーの評価

オシロスコープのシグナルインテグリティーの評価

シグナルインテグリティー (SI)は、オシロスコープによる測定のすべてに影響を及ぼします。オシロスコープ自体が、歪み、雑音、損失に関するSIの影響を受けます。卓越したSIを備えたオシロスコープは、測定対象信号を正確に表示することができます。一方、シグナルインテグリティーが劣ったオシロスコープでは、測定対象信号の表示が不正確になります。この性能の違いは、デザインの解析、理解、デバッグ、評価を行うエンジニアの能力に影響します。本書では、SIに影響を及ぼす代表的な要因について詳細に説明します。

2019.07.09

アプリケーションノート 2019.06.30

LoRaデバイスのRF測定の課題の克服

LoRaデバイスのRF測定の課題の克服

This Application Note offers an introduction to some key LoRa device RF measurement challenges and offers guidance to how users can overcome these using Keysight’s test solutions.

2019.06.30

アプリケーションノート 2019.06.20

デジタルマルチメータ測定による高速データ解析

デジタルマルチメータ測定による高速データ解析

今日のデジタルマルチメータ(DMM)では、フロントパネルだけでセットアップやデータの解析が行えます。本書では、Keysight Truevoltシリーズ DMMを使用して簡単にデータ解析が行えることをご紹介します。

2019.06.20

アプリケーションノート 2019.06.06

周波数応答解析

周波数応答解析

今日の多くのエレクトロニクスデザインでは、要求された性能を満たすことを確認するために周波数応答解析(FRA)が必要になります。 ここでは、FRAとは何か、またテストを進めるためにFRAをセットアップする方法について説明します。

2019.06.06

その他の情報が必要ですか?
製品/サポート情報の資料、ビデオ、ウェブセミナーなどの広範なライブラリの確認、検索、ができます。