リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(RTSA)

既知または未知の発生頻度の少ない信号の表示/捕捉/解析

スタート価格 ¥ 11,571,318

購入/見積もり

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートを表示

ハイライト

より詳細に、より多くのデータを、より深く理解

リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(RTSA)オプションにより、既存のアナライザにリアルタイム機能を追加することができます。リアルタイムのUXA、PXA、MXAシリーズのシグナル・アナライザーは、大きな信号に隣接した低レベル信号など、RF信号を連続的に収集できます。柔軟なトリガ機能を用いて過渡的または間欠的なイベントを監視し、信号の捕捉/測定/表示を実行します。その結果として詳細な表示、捕捉、解析が可能になります。

  • 100%の信号捕捉率(POI)による最小3.33 nsの短い信号の検出が可能
  • 最大510 MHzのリアルタイム帯域幅でスキャン
  • 外部ミキサーを使用してテラヘルツの周波数までリアルタイム信号解析を実行
  • 最大78 dBのスプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ(SFDR)により大きな信号の存在下で小さい信号の測定が可能
  • 周波数マスクトリガとタイム・クオリファイド・トリガを使用して、問題の信号を識別/記録
  • 段階的な密度表示により、アナライザの全周波数帯域まで広範囲のスペクトルを監視
  • 最小3.57 µsの間欠的な信号や過渡信号を捕捉できることが分かれば、システムや信号環境に対する自信を深めることができます
  • 位相雑音、雑音指数など従来より必須の測定との切り替えを迅速に行い、通信システム開発を加速

リアルタイム・スペクトラム・アナライザ(RTSA)で目的の信号を検索

レーダー、電子戦、信号傍受システムをテストする際には、複雑でダイナミックな環境において目的の信号を見つけて測定することが重要です。リアルタイムスペクトラム解析機能モードを使用することで、設定したマスクに基くトリガをかけたり、タイムドメインの信号を表示したりできます。RTSAオプションを備えたXシリーズ シグナル・アナライザでは、原因と結果を短時間で関連付けることが可能です。

主な仕様

周波数オプション

3.6 GHz~110 GHz

最大解析帯域幅

最大1 GHz

最大リアルタイム帯域幅

最大510 MHz

Find the Model that's Right for You

Xシリーズアプリケーションにより複雑なタスクを簡素化し、再現性の高い結果を実現

ご利用のシグナル・アナライザにダウンロードして入手できるXシリーズアプリケーションを使用すると、携帯電話、無線および航空宇宙/防衛機器のやデザインに対する理解を深めることができます。。

  • LTE、無線LANなど最新の無線規格に準拠した測定やパラメトリック測定などにより、デバイス性能をより詳細に評価
  • 一貫性のある測定をタッチパネルで行うことのできる統合アプリケーションにより、短時間で詳細情報を表示
  • 設計/開発/製造に同じ測定を利用することで市場投入までの時間を短縮  
  • Xシリーズ シグナル・アナライザに組み込まれた測定のノウハウを活用し、短時間で信号とデバイス性能を把握可能
  • トランスポータブルライセンスを利用し、複数の測定器でアプリケーションを共有

ご要望、ご質問はございませんか。