お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 10 MHz~110 GHzのシングル掃引周波数レンジ
  • ポート1に25 dBのマイクロメータ付きアッテネータ
  • 64チャネル、1トレース当たり20,001個の測定ポイント
  • データ・ベースの校正基準および校正アルゴリズムの拡張により、確度とデザインの信頼性を向上
  • オプションの0.5 THzまでの周波数拡張

概要

次のページを参照してください: ミリ波製品/アクセサリのホーム・ページ

N5250C VNAは、10 MHz~110 GHzの周波数レンジを備えています。N5250Cには1.0 mmの同軸コネクタがあり、1回の掃引でテスト周波数全体をカバーします。

  • 測定エンジンとして、67 GHz E8361C PNAネットワーク・アナライザを使用。
  • ミリ波テスト・モジュールをPNAに接続するために、N5260Aコントローラを内蔵。
  • ポート・パワーを最大化するために、モジュールはコンバイナとカップラを内蔵。
  • 1回の接続で、10 MHz~110 GHzの測定が可能。
  • 導波管測定用に再構成可能。
  • PNAに内蔵されているバイアス・ティーを使用して、バイアスをテスト・デバイスにテスト・ポート経由で印加可能。
  • テスト・ポート近くのテスト・ヘッドにバイアス・ティーを追加することによって、 感度の高いデバイスのバイアス条件を高めることも可能。
  • 特許取得済みの1.0 mm校正手法により、業界最高の確度を実現。