検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

33600シリーズのファームウェア

33600シリーズ波形発生器の機能拡張と不具合修正を含むファームウェア・アップデートを、無料でダウンロードいただけます。33600シリーズ波形発生器のアップデートは、Keysightファームウェア・アップデート・ユーティリティを使用して、測定器のLAN/GPIB/USB IOポートまたはフロント・パネルのUSB「ホスト」ポートから実行できます。

リリース バージョン 内容
2018-12-14 2.00 Update to fix miscellaneous defects and include IQP as standard for 33612A, 33622A.

For this release, update the Current Version Tab for all 33600A models as shown:

The following changes have been made in firmware release 2.00:

  • Option IQP is now standard on the 33612A and 33622A. 33612A/22As upgraded to 2.0 without Option IQP previously installed will show the option as ‘Included’ in the System → Help → About window. 33612A/22As upgraded to 2.0 with Option IQP previously installed will continue to show ‘IQP’ as “Licensed”. There is no change in functionality. All other licensed options must be purchased.
  • Adds HTML5 emulation for additional instrument control options from the WebUI (user interface) for all 33600A series waveform generators. Selecting ‘Control Instrument’ on the WebUI enables selection of the control options.
     

ダウンロード方法

  • Click the Download button and select the file of interest. Save the file to your computer and note the directory where the file is saved. A firmware update installed over the LAN, GPIB, or USB interface is a file with a .upd extension.
    Unzip the file to access the .upd file. For updates using a front panel USB drive, the utility extracts the required files from the (unzipped) .upd file.

インストール方法

  • From the utility directory or Start menu, start the utility (FWUpdate.exe). The utility will prompt you for the location of the .upd file. Follow the additional prompts to complete the installation.
    The update may take several seconds to complete and will reboot the instrument. After the update is complete, exit the utility.
  • It is not necessary to re-calibrate the instrument following a firmware-update; however, the instrument may need to be re-secured if it was unsecured to perform the update.

ライセンス

  • ライセンス不要

アドオン・ソフトウェア/ユーティリティ

ダウンロード

インストール:

Instrument

OS

  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows 10

前提条件

  • ドキュメントはありません

対象測定器

  • 33611A,33612A,33621A,33622A
2018-03-30 1.12 WebUI fix for Java 8 API change

The following improvement has been made in firmware release 1.12:

  • WebUI fix for Java 8 API change.

ダウンロード方法

  • Click the Download button and select the file of interest. Save the file to your computer and note the directory where the file is saved. A firmware update installed over the LAN, GPIB, or USB interface is a file with a .upd extension.
    Unzip the file to access the .upd file. For updates using a front panel USB drive, the utility extracts the required files from the (unzipped) .upd file.

インストール方法

  • From the utility directory or Start menu, start the utility (FWUpdate.exe). The utility will prompt you for the location of the .upd file. Follow the additional prompts to complete the installation.
    The update may take several seconds to complete and will reboot the instrument. After the update is complete, exit the utility.
  • It is not necessary to re-calibrate the instrument following a firmware-update; however, the instrument may need to be re-secured if it was unsecured to perform the update.

ライセンス

  • ライセンス不要

アドオン・ソフトウェア/ユーティリティ

ダウンロード

インストール:

Instrument

OS

  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP

前提条件

  • ドキュメントはありません

対象測定器

  • 33611A,33612A,33621A,33622A
2015-12-16 1.11 Improved Linear and Log Sweep functions, SUM Modulation checks for excess voltage output, Risetime/Falltime in Pulse limited to 10 microseconds.

The following improvements have been made in firmware release 1.11:

• Log Sweep has been fixed to allow for low start and stop frequencies. Impossible log sweep combinations now detected and a “Settings Conflict” error is generated
• Linear Sweep has been fixed to allow for very small frequency spans (less than 0.1 Hz) with long sweep times (greater than 100 seconds). Impossible linear sweep combinations now detected and a “Settings Conflict” error is generated.
• Reduced brief transient voltage when power is turned off
• SUM Modulation checks for setups that would exceed output voltage limits
• Pulse Edge (Rise and Fall Time) limits are now enforced, cannot exceed 10 microseconds
 

ダウンロード方法

  • Click the Download button and select the file of interest. Save the file to your computer and note the directory where the file is saved. A firmware update installed over the LAN, GPIB, or USB interface is a file with a .upd extension.
    Unzip the file to access the .upd file. For updates using a front panel USB drive, the utility extracts the required files from the (unzipped) .upd file.

インストール方法

  • From the utility directory or Start menu, start the utility (FWUpdate.exe). The utility will prompt you for the location of the .upd file. Follow the additional prompts to complete the installation.
    The update may take several seconds to complete and will reboot the instrument. After the update is complete, exit the utility.
  • It is not necessary to re-calibrate the instrument following a firmware-update; however, the instrument may need to be re-secured if it was unsecured to perform the update.

ライセンス

  • ライセンス不要

アドオン・ソフトウェア/ユーティリティ

ダウンロード

インストール:

Instrument

OS

  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP

前提条件

  • Prior to updating the firmware, 33600 Series Waveform Generators with Security Option SEC must have the security feature unlocked. To unlock instrument security, press:
    System − Test/Admin – Security – Secure Code
    and enter the security code. The security feature can also be unlocked using the command:
    CALibration:SECurity:STATe OFF, security_code
    The factory-set security code is 'AT33600' For additional security this code may have been changed from its factory setting.

対象測定器

  • 33611A,33612A,33621A,33622A
2014-03-14 1.08 Improved embedded Waveform editor file operation, improved edge time calculations, improved power on self-test, output mute during power down

ファームウェア・リリース1.08では、次の機能向上が実施されています。

  • 内蔵波形エディタのファイル操作の向上
  • 立ち上がり/立ち下がり時間計算の向上
  • > 4 Vおよび立ち上がり時間> 20 nsのパルスのパルス・エッジ時間を正しく設定可能
  • 誤った起動時セルフテスト・エラーを除去

ダウンロード方法

  1. Downloadボタンをクリックして、必要なファイルを選択します。
  2. ファイルをコンピュータに保存し、ファイルが保存されたディレクトリを記録ておきます。LAN/GPIB/USBインタフェース経由でインストールされるファームウェア・アップデートは、拡張子が.updのファイルです。
  3. ファイルを解凍して.updファイルにアクセスします。フロント・パネルUSBドライブを使用してアップデートするために、このユーティリティは必要なファイルを(解凍済み).updファイルから抽出します。
     

インストール方法

  1. ユーティリティ・ディレクトリまたは「スタート」メニューから、ユーティリティ(FWUpdate.exe)を実行します。ユーティリティの指示に従って、.updファイルの場所を入力します。さらに指示に従ってインストールを完了します。
  2. アップデートが完了するのに数秒かかり、その後、測定器がリブートします。アップデートが完了した後、ユーティリティを終了します。
  3. ファームウェアをアップデートした後、測定器を再校正する必要はありません。ただし、アップデートするためにセキュリティを外した場合は、測定器のセキュリティを再設定する必要があります。
     

ライセンス

  • ライセンス不要

アドオン・ソフトウェア/ユーティリティ

ダウンロード

インストール:

Instrument

OS

  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP

前提条件

  • ファームウェアをアップデートする前に、セキュリティ・オプションSEC搭載の33600シリーズ波形発生器はセキュリティ機能のロックを外しておく必要があります。測定器のセキュリティを外すには、次のキーを順に押します。
    System − Test/Admin – Security – Secure Code
    その後、セキュリティ・コードを入力します。セキュリティ機能は、次のコマンドを使ってロックを外すことも可能です。
    CALibration:SECurity:STATe OFF, security_code
    工場で設定されたセキュリティ・コードは、'AT33600'です。セキュリティを強化するために、このコードを工場設定値から変更されている場合もあります。
     

  •  

対象測定器

  • 33611A, 33612A, 33621A, 33622A