Here’s the page we think you wanted. See search results instead:

 

Sprechen Sie mit einem Experten

衛星機器試験 - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

衛星機器試験 

衛星機器開発のスピードはより一層加速しています。従来の静止衛星に加えて、欧米の衛星コンステレーションに代表される低軌道非静止衛星が数多く検討され、民間による様々なサービスが展開されつつあります。これらの需要に対応するために、高速通信を実現するHigh Throughput Satellite(HTS)の開発や、光通信を活用したGbps級の高速伝送も開発が盛んに行われています。このトラックでは、それらの最新機器評価に必要なデジタル変調基礎や、米国での低軌道衛星試験アプローチなど最新情報を提供します。

 

【TOPへ戻る】

低軌道衛星時代に向けた、試験コスト低減の取り組み  技術セミナー KW2017  2H110
昨今のニュースペースと呼ばれる様々な取り組みの中で、数百機にのぼる低軌道衛星による高速インターネット網が検討されています。そこで使用される衛星は従来の大型静止衛星と異なり、汎用部品を活用し、広帯域変調を利用することで、低コスト、高速通信のニーズに対応しています。本セミナーではこれらのトレンドに対応する、広帯域変調信号における、信号経路の歪を補正し、低コストかつ信頼性の高い測定の実現方法をご紹介します。
衛星機器試験のためのデジタル変調信号評価基礎   技術セミナー KW2017  2H120
次世代の衛星では、中継信号をペイロードでデジタル処理して再送信する、デジタル・リジェネレイティブ・ペイロードが使われ始めています。デジタル化されたペイロードの試験では、従来のペイロード試験のようなCW信号を用いた試験ではなく、デジタル変調信号を用いた試験が必要となります。本セミナではコンスタレーション、EVM、BERといったデジタル変調信号による評価手法について基礎からお話し致します。  
進化を続けるRFデバイス測定の高速化   ミニセミナー KW2017  2H210
NF、IMDを含む複数パラメータを高確度・高速測定により評価コスト、時間を削減できるPNA-Xネットワーク・アナライザを紹介させて頂きます。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 


 【TOPへ戻る】