検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

安全運転支援とコネクテッドカー - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

安全運転支援とコネクテッドカー

交通事故の低減要求、高齢化社会対応などを背景とした高度安全運転支援機能(ADAS)の実装や、利便性追求の一環としてV2XやeCall等の機能を用いた「つながる車」コンセプトの実現が期待されています。先行プレイヤーやキーサイトの取り組みを通じ、ADASセンシング技術の高度化、センサ類と表示機器を繋ぐバスの高速化/大容量化、ECUの高機能化/小型化などに対する技術課題を克服するための解を提案します。

 

【TOPへ戻る】

コネクテッドカー革命の有効化-アイデアから実装への移行方法  技術セミナー KW2017 1D120
技術はドライバーや歩行者の安全性を大幅に高めることができます。高度ナビゲーションシステムを備えた高効率な車両は燃料消費を削減し、汚染物質を削減することができます。こうした命題に対し、自動車産業は今どのように動いているのでしょうか?自律走行車と同義ですが、技術的観点から達成可能なことが多いコネクテッドカーは、自動車メーカーにとって必須のものと考えられています。現在、最初のモデルが登場しており、今後数年かけてユーザー購入の意思決定における重要な一要素となっていくでしょう。本セミナーでは、コネクテッドカーを実現する上で要求される様々な技術の概要、これが産業にもたらした課題、その克服へキーサイトがどのように貢献するかについてお伝えします。
ミリ波車載レーダの最新テストソリューション  技術セミナー KW2017 1D130
自動運転技術を支えることが期待されているミリ波車載レーダは、距離分解能の向上、より広い視野角の実現のため、高いキャリア周波(79GHz帯)への移行、GHzオーダーの超広帯域信号が採用されています。本セミナでは、システムレベルのシミュレーションから、IC評価・モジュール評価まで、最新のミリ波車載レーダのテストソリューションをご紹介いたします。
ギガビット伝送を見据えた車載Ethernetの計測技術  技術セミナー KW2017 1D150
車載機器開発でもギガビット伝送を実現する設計技術が必要な時代となりました。自動運転を支える通信技術としてADAS分野で導入が進む車載Ethernetでもギガビット伝送の技術検討が始まっています。本講演では、車載Ethernetの評価に必要な計測技術の全体像を理解することを目的として、100Base-T1および1000Base-T1の規格試験内容およびギガビット伝送製品開発のデバッグに活用できる高周波計測技術について概観します。
自動車電装エンジニア向けSIトラブル解決  技術セミナー KW2017 1D160
ご存知ですか?車載では長いケーブルハーネスやコネクタを使用する為、民生でGbpsで発生するロスや多重反射やクロストークなどのトラブルが、Mbpsで起こります。それらに対処あるいは事前に回避するためにはSパラの理解や実測とシミュレーションの実践が必要です。本セミナーでは車載EthernetやCANのトラブル、ケーブルのインピーダンス測定などの事例を交えてご紹介します。
ECU試験を効率化。初心者向け自動計測ツールのご紹介  技術セミナー KW2017 1D170
各種試験の積み重ねで、ECUの信頼性は担保されていますが、その試験の多くは、未だ、作業者の手作業、経験に委ねられています。自動車の電装化が進む昨今、ECUの搭載数は増えており、効率的な試験が求められています。ここでは、デモや事例を通し、Keysightの自動計測ツールによって、試験現場で行われる測定値の転送やシンプルな自動計測が、初心者でも簡単に効率的に行えることをご紹介します。
コネクティッドカーを実現する無線技術: eCall, V2Xの測定手法  ミニセミナー KW2017 1D230
EU向けの車両に搭載が義務付けられる緊急通報システムのeCallおよび車車間、路車間通信で使用されている802.11pの仕組みと試験ソリューションについて解説します。
IATF16949規格動向と認定校正  ミニセミナー KW2017 1D251
2016年に自動車産業のセクター規格ISO/TS16949がIATF 16949になりました。規格動向と機器の校正について紹介します。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 


 【TOPへ戻る】