検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

シグナル パワーインテグリティー& ノイズ解析 - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

シグナル パワーインテグリティー& ノイズ解析 

データレートの高速化と低消費電力化に伴い、SI/PIが関連しあう融合問題も頻繁に起きており、これらを両面から捉えた統合的なアプローチが必要です。また、EMCの問題も切り離すことはできません。本トラックでは、SI/PI &ノイズの問題に対して、設計から評価・デバッグまで効率的に解決するための手法を紹介します。

 

【TOPへ戻る】

設計者も知っておきたいEMC新規格CISPR32   技術セミナー KW2017 2J040
EMCの新規格CISPR32に応じて国内のVCCIも新規定の運用を開始しています。新規定では新たにマルチメディア機器も対象となり、高速なDigital処理や、有線・無線のインタフェースを有する製品が増えています。数Gbpsを超えるデータレートや、無線LANなどを搭載した機器のEMC試験は以前に増して複雑となっており、設計者の協力なしには難しくなっています。本セミナでは設計者でもおさえておきたいCISPR32の勘所と、ノイズを取りこぼしなく観測し、対策にも役立つ最新測定手法をご紹介致します。
SI課題へのシミュレータ活用と抑えるべき最新動向  技術セミナー KW2017 2J110
DesignCon2017における最新の話題をご紹介すると供に、信号品質の課題に取り組むエンジニアやマネージャーを対象に、シミュレータ活用の利点、正確な伝送シミュレーションへの概念、実測とシミュレーションの相関についてお話いたします。正確なSパラメータモデル確認方法から、実際のシミュレーションの落とし穴、実測とシミュレーションの相関を見る際のTipsを、具体的なPCIe Gen4 におけるIBIS-AMIモデルを使った事例を基に紹介いたします。
今改めてSIを考える!信号劣化の裏に潜むのものは?  技術セミナー KW2017 2J120
SIが叫ばれ始め約25年。更なる高速化でその終焉は未だ迎えていません。様々な規格が策定もしくは改定される中で、経験と高周波知識を持つSIエンジニアはさらなる領域へ向かう一方、これから取り組む未経験者の参画は過去に比べより高い障壁が存在しています。そのため各種の参照設計や評価手法が提示されていますが、その詳細の理解なくして設計や評価の向上は困難と言えます。セミナーは>5Gbpsを扱うエンジニアを対象としSI問題の基礎と今後を概観し、キーサイトのEDAと測定による諸問題への対応とそのソリューションをご紹介いたします。
EMCの視点からみるPI問題へのアプローチ  技術セミナー KW2017 2J130
PCB設計において各種デジタルPHYのシグナルインテグリティ(SI)問題において、早い段階からシミュレータを活用することが一般的になってきました。一方で、パワーインテグリティ(PI)への対応は、インプットインピーダンスなど検証すべき項目は具体的であっても、SI、EMIにどのように影響するのか想像することは困難です。本セミナーでは、PI問題の重要性をEMC設計の視点からわかりやすく概説し、SI/PI、EMI検証の実際についてADS最新オプションSI/PIProを利用した事例を測定結果との比較を交えてご紹介いたします。
今や必須、デバイス動作状態でのTDR測定  ミニセミナー KW2017 2J210
Tx/Rxインピーダンス不整合で多重反射が起こり波形は劣化します。Txが動作状態でもTDR測定が可能であるネットワークアナライザでのHot-TDR測定を紹介します。
加害者を探せ!クロストーク解析ツール  ミニセミナー KW2017 2J230
SI問題としてクロストークや電源変動の影響が挙げられます。これら原因の特定とWhat If解析を実現するクロストーク解析ツールをご紹介いたします。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 

 【TOPへ戻る】