検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

録画:もはや避けては通れない、レーザの雑音測定の勘所

セミナー概要

近年の高度化した光伝送・光センシングシステムでは、更なる性能の向上のためにSN比の改善が必須であり、レーザの雑音の低減が急務となっています。レーザ信号には、相対強度雑音(RIN)や光周波数雑音(光位相雑音)が含まれますが、適切な評価には雑音の特性とその測定法の正しい理解が必要です。このセミナでは、RINおよび光周波数雑音について、確度の高い測定と有効な分析の手法について解説します。 
 

登録/視聴

もはや避けては通れない、レーザの雑音測定の勘所 (WebExのページが開きます。)
 

対象者

通信・センシング用レーザの開発・製造、光トランシーバ開発・製造、ファイバセンシング機器開発・製造、デジタルコヒーレント通信研究・開発に携わる方
 

講師

四方 誠 様
SYCATUS株式会社 代表取締役
アジレント・テクノロジーのR&D部門を経て、2009年に同社を設立。
レーザの雑音測定を中心として光測定ソリューションを日本、中国、米国および欧州に展開。
工学博士。
趣味は器楽演奏、編曲、ヨーガ。
 

時間

44分
 

関連リンク

A0040A光雑音アナライザ