検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Genesys Webキャスト - 「デザイン方法」シリーズ

Genesys 2000 screen shotGenesys Smiling Jack Poster

対象者:

6つの「デザイン方法」セミナから成るこのシリーズは、RFプリント基板とハイブリッド上のRF/マイクロ波回路およびサブシステム・コンポーネントのデザイン担当者向けです。航空宇宙防衛、通信、無線アプリケーションに関係する貴重なデザイン情報が含まれています。集積回路シンセシスおよび回路システム電磁界(EM)シミュレーションを備えた、低価格で高性能な最新のRF/マイクロ波回路デザイン・ツールを使って行えることについても学習できます。

---------------------------------------------

keysight GenesysによるLTEレシーバのデザイン・ツールと手法 
2009年9月17日のオリジナルのWebキャスト

4G LTE携帯電話アプリケーションのRFレシーバ・フロントエンド・アーキテクチャ・デザインと、レシーバ・フロントエンド・コンポーネントのデザインと選択について説明します。これは、デジタル疑似ランダム・ビット・シーケンスで変調されたRF信号をレシーバに注入して、変調のアイ・ダイアグラム忠実度を維持しながらレシーバの性能を解析する便利な方法です。

-------------------------------------------------------------------------

keysight GenesysによるRF/MWフィルタのデザイン・ツールと手法 
2009年11月19日のオリジナルのWebキャスト

高性能で使いやすい統合型のシンセシス・ツール、電磁界ツール、最適化ツール、統計ツールを採用する従来のトポロジーと新しいトポロジーに対応する、RF/マイクロ波フィルタのデザイン手法を説明しています。トポロジーの選択、コンポーネントの許容範囲、近接結合、非理想的なモデルに関する実用上の注意事項を説明しているので、フィルタ構造をすばやく実装できます。

-------------------------------------------------------------------------


keysight Genesysによるミキサのデザイン・ツールと手法 
2010年1月14日のオリジナルのWebキャスト

変換利得やアイソレーションなどのミキサの特性に対応する回路シンセシスに加えて、ミキサのアプリケーションや各種トポロジーについて説明します。トランスミッタ/レシーバのデザインでのシミュレーション用にミキサの特性を抽出して、システムにスプリアスのないIFセクションを実現するために最適な周波数プランをすばやく決定するための方法を紹介します。

-------------------------------------------------------------------------


keysight GenesysによるLTEパワーアンプのデザイン・ツールと手法 
2010年3月18日のオリジナルのWebキャスト、ライブ

RF増幅器のトポロジーについて、アプリケーションや回路シンセシスと一緒に説明します。大信号ロード・プル・シミュレーションとインピーダンス整合回路シンセシス手法の組み合わせにより、マルチステージ・カスケード・パワーアンプを短時間でデザインできます。疑似ランダム・ビット・シーケンス変調RF信号を使用して、携帯電話アプリケーション用PAの隣接チャネル・スペクトラム・リグロースをテストします。

-------------------------------------------------------------------------


keysight GenesysによるRFスイッチのデザイン・ツールと手法 
2010年5月13日のオリジナルのWebキャスト

RF半導体スイッチのトポロジーおよびアンテナ・ビーム・フォーミング、信号ルーティング、RFパルス変調に対応したアプリケーションについて説明します。タイム・ドメイン/周波数ドメイン回路シミュレーションと最適化を使用して、速度/アイソレーション/スプリアス要件を満たすためのトポロジーの決定方法、複数のスイッチの整合方法、スイッチへのバイアスの印加方法を説明します。

-------------------------------------------------------------------------


keysight GenesysによるMIMOアレイ・アンテナのデザイン・ツールと手法 
2010年7月15日のオリジナルのWebキャスト

4G携帯電話機と無線Nネットワークでは、データ・スループットを向上するためにマルチ入力マルチ出力(MIMO)アンテナを使用します。統合整合回路シンセシス、電磁界シミュレーション、パワフルな演算式操作を使用して、必要なビームのMIMOアンテナ・アレイとフィード・スティミュラスをデザインし、単一エレメントの電磁界シミュレーションからアレイの遠方界を予測できます。