Voici la page que nous pensons que vous vouliez. Voir les résultats de la recherche au lieu:

 

Discuter avec un expert

レーダー&電子戦 電波監視 - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

レーダー&電子戦 電波監視

防衛用レーダーや電子戦機器は最先端技術が使用されており、その設計検証および性能評価は容易ではなく、最新のアプローチが必要です。またセキュリティの観点で電波監視も注目を集めています。本トラックでは、フェーズドアレイの設計および評価手法、電子戦機器評価のための脅威シミュレータ、評価用スペアナ選択の勘所、弊社の電波監視装置とその実例などの最新情報を提供します。

 

【TOPへ戻る】

フェーズドアレイ・アンテナのプランニングと検証  技術セミナー KW2017  2G110
レーダー、通信の双方でフェーズドアレイ・アンテナを用いた送・受信は今や当たり前の技術になってきました。今後は更なるシステムの複雑化が予想される反面、コスト削減にも目を向ける必要 があり、開発・検証の効率化は急務です。実機の試作をする前に効率的に事前検証をする手法として、本セミナではシステム・シミュレータを用いたアンテナ・アーキテクチャの検討やアレイを構成するデバイスの仕様見積もりなどの方法をご提案します。併せて、検証したアレイシステムをレーダーのシナリオに適用する例についてもご紹介します。
フェーズドアレイ・アンテナの開発動向と最新の評価手法  技術セミナー KW2017  2G120
軍用が主であったアクティブ・フェーズドアレイ・アンテナは、製造技術の進歩とコストの低下に伴い様々な分野への応用が広がり、新規の参入も増えてきました。しかしながら従来のアンテナに比べて評価時のパラメータが劇的に増えるため、試験をいかに短時間で行うかが課題となっているほか、空間を介してしか測定できないなど、モジュールの集積化に伴う問題も深刻になっています。本セミナでは近年の応用例や開発動向をご紹介すると共に、評価の高速化、高精度化に寄与する弊社の様々なソリューションをご説明して参ります。
RFセンサによる電波監視とドローン探知への応用例  技術セミナー KW2017  2G130
近年の電波利用の増大により電波干渉事例が増えており、干渉源の位置特定や常時監視による予防保全のニーズが高まっています。また急速なドローンの普及が新たなセキュリティ面での脅威となっており、様々な探知手法が検討されていますが、現時点では完璧な方法は存在しておりません。本セミナーでは、低価格RFセンサやハンディスペアナを用いた電波監視ソリューションのご紹介と、高度な信号トリガ「スペクトラム・シグネチャ」を用いたドローン探知への応用例をご紹介します。  
EW装置評価の最前線~実環境シミュレーションの新技術  技術セミナー KW2017  2G150
様々な技術の進歩によってEW(電子戦)環境は複雑になり、EW装置にもより高度な機能・性能が求められるようになりました。それに伴い、伝統的な旧来のアプローチではもはや十分な評価を行うことが難しくなってきています。EW装置が正しく機能することを評価するためには、様々な脅威が存在する実環境に近い状態を模擬することが重要です。本セミナではEW装置に求められる機能・性能とそれを評価するための手法をご説明します。実環境をシミュレーションする新技術をご紹介し、EW装置評価の最新動向について解説します。
カスタムFPGAで広がる計測の応用  ミニセミナー KW2017  2G210
FPGA搭載のPXIeモジュール M3000Aシリーズで計測の世界が広がります。
本セミナでは任意波形発生器とデジタイザが一体となったM3302Aを使った簡易DRFM実装例を紹介します。 
レーダ測定の基礎 スペクトラム測定と最新パルス測定  技術セミナー KW2017  2G160
レーダ技術は日々進歩を続けていますが、パルス変調波をベースにしていること、各種パルスパラメータ品質がレーダ諸特性に深く関係している事は普遍的な事実です。本セミナーでは、パルス変調波のパラメータとスペクトラムの関係、パルス減感率、といった基本的事項の復習から、スペクトラムアナライザを用いた従来のパルス変調波の測定手法、さらには最新のパルス測定ソリューションまで幅広くご紹介いたします。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 
 

 【TOPへ戻る】