Voici la page que nous pensons que vous vouliez. Voir les résultats de la recherche au lieu:

 

Discuter avec un expert

5G(第5世代移動通信システム) - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

5G(第5世代移動通信システム) 

5G(第5世代移動通信システム)は2020年の東京オリンピックをターゲットとして国内でも商用サービスが計画されています。まだ先のことと思われていた5Gも、3GPP規格の進捗に代表されるように具体化が着々と進んでいます。本トラックではプリ5Gおよび、5Gの世界的なマーケット動向から、技術的なチャレンジであるミリ波、超広帯域、多チャネルの現状と、キーサイトが展開するソリューションの最新情報について紹介します。

 

【TOPへ戻る】

5G実現に向けたドコモの取り組み  技術セミナー KW2017  1F010
本講演では、5Gの将来サービスおよび展開シナリオ、技術コンセプト、周波数に関するNTTドコモの考えを述べます。さらに2020年およびそれ以降に向けたシステム展開シナリオとともにそれに必要な標準化、実験および開発のロードマップについて述べます。最後にNTTドコモで精力的に進めている5G実験の最新情報について説明します。
28GHz帯におけるPre-5G信号の評価手法  技術セミナー KW2017  1F120
「5G」の実用化に向けて各社の研究開発がより活発になっています。本セミナーでは5Gの物理層測定向けの製品群を説明するとともに、28GHz帯におけるPre-5G信号を使用した評価事例を紹介します。
次世代無線LAN: 802.11ad/ay/axの概要とRF測定  技術セミナー KW2017  1F130
無線LANは様々な場所で日々活用されていますが、主に2つの改善が求められています。より高速な通信速度の実現とユーザ過密エリアでのスループット低減の解消です。802.11ax は現在の802.11acと比べ4倍のスループットを目指した規格です。また、802.11ad (WiGig) は、7GB/s のデータ速度を実現するために、55-68GHzのミリ波を使用します。更に802.11adの次世代規格802.11ayも検討されています。本セミナーでは、これら規格の基礎とRF測定方法を紹介します。  
5Gミリ波測定:ケーブル接続からOver The Airへのパラダイムシフト  技術セミナー KW2017  1F140
5Gで使用される周波数は従来のサブ6GHzからミリ波帯28GHzまたはそれ以上に推移していきます。波長が短くなるのに伴い、従来まで主流であったケーブルを用いて測定する方式から、コネクタレスであるOTA(Over The Air)での測定がコンポーネントレベルから製造、設置、保守の各ライフサイクル分野で必須となります。 このセミナーでは従来手法と比較しながら、5Gミリ波用UE/BTSで必要となるOTA手法についてご紹介します
5G:グローバル・マーケットの最新動向とトレンド  技術セミナー KW2017  1F150
5Gに対するワイヤレス業界の関心は、今年後半のPre-5G商業化の開始、及び、実証実験の分野に移行しています。 3GPPの最近の決定により、規格化が更に加速されることにより、関連する機会を活用するための投資にさらに重点が置かれています。本セミナーでは、5Gの今後のスケジュール、最新の動向、そして業界の技術的およびビジネス上の課題の中で重視されている最新の考え方についてのグローバルな視点からの情報を提供します
5Gのキーデバイスであるミキサの遅延、変換損失の特性化手法  技術セミナー KW2017  1F160
5Gのキーデバイスであるミキサの遅延特性手法を紹介させて頂きます。 周波数が28GHz、60GHzとミリ波へ移行することで、ミキサ単体の帯域内遅延特性がオーバオールの特性に大きく影響します。またIQミキサの採用によりミキサ構成も複雑になり、評価手法がありませんでした。今回PNA-Xネットワーク・アナライザに搭載されたミキサの評価手法を説明させて頂きます。
1BOXで110GHzまでの信号解析が可能  ミニセミナー KW2017  1F210
5G、レーダー等mmWave&超広帯域解析への測定要求にお応えします。本セミナにて高Dynamic Range 110GHzまでのスペクトラム解析をご覧下さい。  
新Wifi規格802.11ax成功の勘どころ  ミニセミナー KW2017  1F220
11ax成功のポイントは、DUTコントロールの自動化の短期立ち上げ、1024QAM変調を精度良く測定、測定項目を減らさない測定効率化です。
ミリ波アレイアンテナモジュールの設計事例  ミニセミナー KW2017  1F230
 5Gに代表されるミリ波帯アプリケーションで必須となるアンテナビームフォーミングを回路・電磁界協調シミュレーションで検証した事例を紹介します。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら