Voici la page que nous pensons que vous vouliez. Voir les résultats de la recherche au lieu:

 

Discuter avec un expert

材料評価の最新動向 - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

材料評価の最新動向

本トラックでは材料評価の革新を体験いただけます。高周波領域での誘電率測定手法の最新動向、走査顕微鏡を用いた材料表面の評価、材料表面状態での特性の変化シュミレーションなど、材料評価に関しての新しいアプローチを、最先端の研究、開発を行っておられる方からセミナー形式で紹介をおこなっていきます。また、「すぐに使える」をキーワードに弊社とパートナー企業からの実際の測定環境のご紹介、展示も用意しております。

 

【TOPへ戻る】

マイクロ波顕微鏡におけるVNA計測の重要性  技術セミナー KW2017 1E010
走査型マイクロ波顕微鏡(SMM)は原子間力顕微鏡(AFM)のカンチレバーの針先からマイクロ波を照射することで、トポロジー(表面形状)と同時に電気的な特性(導電率や誘電率)を局所的に計測することができる。形状の計測結果だけでは解明ができない、ドーピング濃度や材料の相互拡散などを評価できる強力な計測ツールである。マイクロ波特性の評価には、ベクトルネットワークアナライザ(VNA)を用いるが、カンチレバーとの間に整合回路を組み込み、計測を実現している。SMMでの高精度で安定した測定を実現するためのVNA計測条件について解説する。
生体物質の電子計測  技術セミナー KW2017 1E030
臓器・細胞・たんぱく質・DNAなど、生体物質の電子計測は、他の計測法を補完したり簡便化したりするにとどまらず、他の計測では見つけられない事実を見つけ出す可能性を持っています。その一方で、医学・生物学・生命科学・化学などの分野に携わる研究者の方にとって、電子計測は敷居の高い取り組みでもあります。本セミナーでは、電子計測の基本を解説し、慣れない方が犯しがちな過ちを指摘することで、電子計測に不慣れな研究者の方が正しい測定を行えるような道筋を提示いたします。
産業の国際展開を支える高周波材料評価技術の研究開発  技術セミナー KW2017 1E040
昨今の電磁波利用の高周波化を受けて、広帯域にわたる材料評価技術のニーズが拡大している。また、様々な分野・材料で電磁波利用が進むにつれて、異業種間での測定結果の同等性の保証、つまりトレーサビリティの確立が不可欠となってきている。産総研ではこのような要求を踏まえ、誘電率の計量標準の供給に向けて、誘電率計測技術とその不確かさ評価手法の開発を行っている。また、材料評価技術で培った知見をもとに、農作物の水分量等をターゲットにした電磁波センシング技術の研究開発にも取り組んでいる。  
高周波基板用銅箔のパラメータとADSを活用した回路検討  技術セミナー KW2017 1E020
高速・高周波化のニーズの高まりを受け、プリント配線板は樹脂基材の低誘電・低誘電損失化が進んでいます。一方で、プリント配線板の構成要素の一つである銅箔が電気特性に与える影響の検討も進められております。本セミナーでは、古河電工製銅箔FV-WSを用いたプリント配線板のSパラメータとADSを用いて、導体粗さモデルのパラメータを抽出し、高周波回路検討の例をご紹介します。
走査電子顕微鏡における絶縁体表面の解析  ミニセミナー KW2017 1E211
走査電子顕微鏡(以下SEM)では絶縁体表面に導電性コーティングが必要なため、測定物最表面の真の情報が得られないという問題があります。低加速電圧を使用し、コーティングなしで絶縁物を測定した実例を通して、キーサイトSEMの優位性を紹介します。
ハーモニック共振器による誘電率透磁率評価  ミニセミナー KW2017 1E230
ハーモニック共振器摂動法では矩形導波管共振器内の発生する複数の共振モードを利用して高周波材料の誘電率・透磁率周波数特性が高精度で評価される。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 

【TOPへ戻る】