Voici la page que nous pensons que vous vouliez. Voir les résultats de la recherche au lieu:

 

Discuter avec un expert

HV/EVパワートレイン - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

HV/EVパワートレイン

排ガス規制等の環境要請を受けた省エネ化/小型化/軽量化の実現に向けたスイッチング回路の高速化。航行距離の長距離化という市場要請を背景としたバッテリーの高密度化/大容量化、およびパワートレインのHV/EV化。こうした動きに対し、学術的な背景、世界市場動向を示し、先行プレイヤーとキーサイトの取り組みを通じ、パワートレインの回路設計からシステム評価まで、技術課題を克服するための解を提案します。

 

【TOPへ戻る】

 GaNパワーデバイスの回路実装時の課題と解決法  技術セミナー KW2017 2I020
GaNパワーデバイスは、従来のSiデバイスと比較すると高速でスイッチングするため、低消費電力(高効率)と小型化を実現することができる。このメリットを利用し、いくつかの電源製品では、GaNの採用が始まっている。しかし、高速でスイッチングするために回路実装時には、いくつかの課題がある。今回、トランスフォームは、これら課題に対する解決方法を説明します。
前へ続く道-電装化、自動運転、コネクテッドカーなどのコンセプトが自動車産業をどのように変えるか  技術セミナー KW2017 2I130
パワートレインの電化からさらなる利便性に至るまで様々な新技術を実現していくため、自動車産業は今後10年、大幅な排出削減と安全コンセプトに対して大きな努力が行われると同時に、新技術の獲得と展開という新しい挑戦にも直面することになります。複雑な導入作業とは別に、新しいシステムやプラットフォーム全体でセキュリティと安全性にも対応していかねばなりません。無線、レーダー、デジタル、パワー、光学アプリケーションなど多岐に渡るキーサイトの経験が、お客様の課題克服をどのようにお手伝いするかお伝えします。
効率を劇的改善!バッテリセル自己放電検査の新手法  技術セミナー KW2017 2I150
排ガス規制からの自動車のゼロエミッションへの流れは、自動車メーカー各社が実際にハイブリッド/プラグインハイブリッド、電気自動車を市場投入する段階に移ったことにより開発競争がますます加熱してきております。その中でキーとなる部品として、エネルギー源となるバッテリや、バッテリの充放電用の各種コンバータ/インバータの性能並びにテスト効率の向上が急務です。本セミナではこれらキーコンポーネントの評価に対して、従来にない画期的な評価手法等を交え弊社がご提供するソリューションをいち早くご案内いたします。
シミュレーションを活用した高速スイッチング回路設計  技術セミナー KW2017 2I160
電力変換回路の効率化、小型化を実現するため、高速スイッチングが可能なSiC、GaNといった新デバイスの採用が加速しています。しかし、高速スイッチングは、サージによる誤動作、デバイス破壊、EMIといった問題を引き起こし、回路設計の障害となっています。シミュレーションの活用で、開発期間・コストを削減することが求められますが、「パワエレの回路シミュレーションは合わない」との多くの声を耳にします。本セミナーでは、なぜシミュレーションが合わないかをお話しし、効率的な回路設計を行う手法をご紹介します。
SW回路構築前の選別が可能!寄生L評価  ミニセミナー KW2017 2I210
電力変換回路のスイッチングの高速化に伴い、サージの増大が課題となっています。ここではサージの要因となる寄生Lの評価手法を紹介します。
最新オシロで変わるパワーデバイス波形観測  ミニセミナー KW2017 2I220
サージ波形、ノイズ波形を正確に観測することが、次世代パワーデバイス回路の最適化に重要です。最新のオシロスコープによる波形測定を紹介します。
AFMを用いた電池素材の充放電特性評価  ミニセミナー KW2017 2I230
KeysightのAFMは、電気化学変化やインピーダンス特性等を画像化できます。ここでは電池素材の評価でのAFMの応用例を紹介します。
実測と合う!パワーデバイスのモデリング  ミニセミナー KW2017 2I240
「パワー半導体のデバイスモデルは合わない」と思っていませんか?正確な特性データとモデルを用いれば、実測と合うデバイスモデルが作成できます。
Sパラメータを使ったスイッチング回路設計  ミニセミナー KW2017 2I250
スイッチング回路は小型化、高効率化のため高速スイッチングが求められます。ここではADSによる高速動作の影響を考慮した設計手法を紹介します。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 


 【TOPへ戻る】