Voici la page que nous pensons que vous vouliez. Voir les résultats de la recherche au lieu:

 

Discuter avec un expert

汎用高速デジタル通信規格 基礎 - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

汎用高速デジタル通信規格 基礎

DDR2/3メモリやPCIe Gen1/2は、様々な分野で使用されるインタフェースになってきました。また、それらの設計においては、SI/PIの確保がより重要になり、ジッタやEyeパターンなどの信号品質やスイッチング電源の設計を基礎からおさえておく必要があります。本トラックでは、DDRメモリやPCIeの試験概要から、ジッタやスイッチング電源設計の基礎をお届けします。

 

【TOPへ戻る】

 基礎から学べるスイッチング電源設計と評価  技術セミナー KW2017  1C111
電源回路設計は敬遠されがちで、過去の設計資産を流用するだけであったり、効率向上やノイズ低減を図りたいが、どうすればいいか分からない、といった悩みが多く聞かれます。本セミナーでは、スイッチング電源の種類から、ICの選定、周辺部品の選定方法など、電源回路設計の押さえておくべきポイントについて説明します。また、リップルや効率等の重要なパラメータを正確に測るためのノウハウについてご紹介します。
 これでわかる!アイパターン・ジッタ評価の基礎  技術セミナー KW2017 1C121
高速シリアル伝送ではアイパターンでの評価、ジッタ測定は基礎的かつもっとも重要なものと言えます。これらの評価項目は良し悪しの判定だけで無く、デバッグにおいて足がかりとなるものですが、最新のより高速化されたインターフェースではその評価方法も複雑化しています。また、高速化が進むにつれ使用する測定器に求められる性能も厳しくなっています。しかし、あなたはその意味を理解していますか。本セミナーではアイパターンの正しい評価方法とその意味するところを解説し、さらにジッタの基礎とその解析手法についてお話します。
誰もが陥るDDR2/3メモリトラブル回避法   技術セミナー KW2017 1C131 
DDRメモリは部品の入手性がよく簡単にシステムに導入できる反面、トラブルが多いのも事実です。物理層からプロトコルまで多岐にわたる問題により、不具合原因の切り分けは困難です。DDR2からDDR3といった高速な規格への移行もトラブル増加の要因となっています。どのような測定を行い、問題現象を切り分けていくのか、実例をベースにわかりやすく説明し、必要となる測定機器をご紹介します。
誰もが陥るPCIe Gen1/2トラブル回避法   技術セミナー KW2017 1C141 
PCI Expressは標準バス規格として確立し、広い分野での採用が進んでいます。採用事例も多く簡単に実装できると思われがちですが、思わぬところに落とし穴があり、相談の問い合わせが絶えません。トラブル解析は波形品質からプロトコル、上位ソフトウエアに及び、評価やデバッグには相応のノウハウと環境が必要です。本セミナではPCI Expressの評価・デバッグ手法を事例を交えて解説し、そのための測定機器をご紹介します。
 完璧なプロービングができる唯一の方法  ミニセミナー KW2017 1C211 
今日、市場には30GHz以上の帯域を持つプローブも存在しますが、正しい測定のためには、プローブの性能以上にプロービングテクニックが重要である、という事実はあまり知られていません。本セミナーでは、高速信号測定のためのプローブの選択方法と、プローブ性能を最大限に引き出す使い方をご紹介します。
誰もが陥るEthernetトラブル回避法   ミニセミナー KW2017  1C221
繋がって当たり前のEthernetでのトラブルが後を絶ちません。いくら素晴らしい製品でもネットに繋がらなければ、 ただの箱になってしまいます。このセミナーでは、実装にあたって知っておかなければならない10/100/1000BASE-T の仕様や技術概要、動作の仕組みから測定方法までをカバーし、特に絶対に見落としてはいけない重要な評価項目 やトラブル時の切り分け方法などをわかりやすく説明します。
誰もが陥るUSB2.0トラブル回避法   ミニセミナー KW2017 1C231 
枯れた技術と思われているのに現場ではまだまだトラブルに直面することも多いUSB2.0。ロゴ認証取得の有無に関わらず、規格に沿った測定を行っておくことが確実かつ最善の方法です。とはいえトラブルが発生してしまった場合、問題解決のために波形品質/プロトコル/ケーブルなど、多岐にわたる測定ノウハウが必要です。ここではUSB2.0の測定ノウハウとソリューションをわかりやすくご紹介します。
短時間、低コスト!スイッチング電源回路評価   ミニセミナー KW2017 1C241 
評価時のパラーメータ条件が多く、スイッチング電源回路評価は数日~数週間の時間がかかります。低コストで実現する自動化ソリューションをご紹介します。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 

【TOPへ戻る】