Voici la page que nous pensons que vous vouliez. Voir les résultats de la recherche au lieu:

 

Discuter avec un expert

次世代データセンタを支える超高速伝送技術 - Keysight World 2017 東京&オンライン オンデマンド

       

 

次世代データセンタを支える超高速伝送技術

100Gデータセンタの実構築が進んでいる中、次世代の200G/400Gデータセンタに向けた規格化が急ピッチで進んでいます。次世代データセンタにおいては、伝送レート向上のため、従来のNRZ伝送方式からPAM4などの多値伝送方式など新通信技術の採用が議論されています。本トラックでは、 次世代データセンタに向けた超高速伝送についての技術概要と課題、評価方法や将来展望について解説します。

 

【TOPへ戻る】

データセンタ向け100Gbps超級次世代イーサネット規格と光トランシーバの最新動向  技術セミナー KW2017 1B010
IPトラフィックがCloud Service等のトラフィックに牽引され今後年率22%で増大すると予想される中、イーサネット系トランシーバのマーケットはクラウドデータセンタが牽引すると見られている。本講演では、クラウドデータセンタで2018年からの導入が予想される100Gbps超級の次世代イーサネットの規格化の最新状況を概観すると共に、400Gbpsから光インターフェースの変調方式として導入されたPAM4の特徴や、それら新規格に対応した光トランシーバの形態、それを実現する光デバイスの技術動向等について紹介する。
Ready for PAM4 Ⅱ ~評価の最新動向  技術セミナー KW2017 1B120
データセンターにおける爆発的なトラフィック増大に伴い、クラウドネットワークは高速化が進んでいます。また、更なる高速化への対応として、NRZ伝送に代わるPAM4伝送への期待は高まるばかりです。しかしながらこのパラダイムシフトには大きな技術的なチャレンジも伴います。
本セミナーでは、昨年に引き続き皆様が明日からでもPAM4のお仕事を開始できるよう、PAM4伝送におけるトレンドと技術的な課題をご説明すると共に、400GbE用光トランシーバを例に最新の解析手法を光/電気両面でご紹介していきます。
次世代データセンタのトレンドとキーサイトの貢献  技術セミナー KW2017 1B140
100G Data Center(DC)への移行が進み、さらにはその先の200G/400G DCの検討も進んでいます。これらの次世代DCでは、これまでとは異なる新しい技術チャレンジを乗り越える必要があり、その実現は容易ではありません。例えば、大容量通信を可能とするための変調フォーマットの変更(NRZからPAM4)などがその代表例です。本セミナーでは、弊社から見た次世代DCの技術課題とそれを乗り越えるための評価手法をご紹介します。
真のPAM4 BER測定とは?最新BERTのすべて  ミニセミナー KW2017 1B210
キーサイトのBERTはPAM4信号を完全にサポートし、光レシーバストレス試験など100G/400Gテストを幅広くカバーしています。その優位性とは何か?ご紹介します。
1台で400G!64Gbaud×4チャネルの高性能AWG   ミニセミナー KW2017 1B220
64Gbaud PAM4など、超高速信号発生器として注目されるAWG。キーサイトだけの4ch同時出力に加えてPPGでは不可能なフィクスチャの自動補正などについて紹介します。

お申込み方法
受講したいセミナーを選択していただき、ログインID(メールアドレス)、パスワードを入力していただくとセミナーの詳細をご覧いただけます(新規のお客様は事前登録が必要です)。
お申込みの詳細フローはこちら
 

マイページはこちら 
 

【TOPへ戻る】