検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

50Ωネットワーク・アナライザを使って75Ωデバイスを測定できますか?

これは通常お勧めしません。50Ωテスト・セットは、50Ωで測定するように最適化されているからです。50Ωテスト・セットで75Ωデバイスを測定すると、75Ωテスト・セットで測定するときより確度が低下します。ただし、実行は可能です。以下に、手順と注意点を示します。

方法1:

50 - 75Ωパッドを接続し、75Ω校正キットを使ってシステム・インピーダンスが75Ωに設定された状態で、75Ω平面で校正を行います。生の方向性は、パッドの値(dB単位)の2倍だけ劣化します。

方法2:

50 - 75Ωメカニカル・アダプタを使用します。やはり、75Ω校正キットを使ってシステム・インピーダンスが75Ωに設定された状態で、75Ω平面で校正を行います。不整合が校正と測定の確度に影響を与えます。Agilent 11852B最小ロス・パッドにより、DC~3GHzの範囲で50 - 75Ωインピーダンス整合機能が得られます。標準モデルには、N型(メス)50ΩコネクタとN型(オス)75Ωコネクタが備わっています。オプション004により、N型(オス)50ΩコネクタとN型(メス)75Ωコネクタを提供しています。

リビジョン2.0 2000年1月25日