検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

光測定アプリケーション&ソリューション

top1


光通信用キー・デバイスとそのテスト・アプリケーションに関する最新情報をまとめたサイトです。

   
passive パッシブ部品には、カップラ、フィルタ、アイソレータなどのデバイスがあります。
主な測定アプリケーションには以下があげられます。
 * 光挿入損失(ロス)測定
 * PDL(偏波依存性ロス)測定
 * 光リターンロス測定
 * WDMコンポーネントの測定
 * PMD測定
 * CD(波長分散)測定
 * 偏波解析・制御 - 偏波消光比測定 / 偏波解析と偏光度 / 偏波コントロール
  アプリケーション情報はこちらから
active アクティブ光部品には、レーザ光源、フォトダイオード、変調器などのデバイスがあります。
主な測定アプリケーションには以下があげられます。
 * 光デバイスの周波数特性測定(伝達、反射)
 * IL特性測定
 * RIN測定
 * 偏波解析・制御 - 偏波消光比測定 / 偏波解析と偏光度 / 偏波コントロール
  アプリケーション情報はこちらから
fibre 光ファイバの主な測定アプリケーションには以下があげられます。
 * PMD測定
 * CD(波長分散)測定
 * 偏波解析・制御 - 偏波消光比測定 / 偏波解析と偏光度 / 偏波コントロール
  アプリケーション情報はこちらから
image-Tx 光トランシーバは、電気信号から光信号への送信と、光信号から電気信号への受信(受光)をデバイスで、
主な測定アプリケーションには以下があげられます。
 * 消光比試験
 * マスク試験
 * OMA(光変調振幅)試験
 * 誤り率(BER)
 * 分散ペナルティ
 * 受光感度試験
  アプリケーション情報はこちらから
hikari 光伝送システムは光伝送装置、光中継器、光伝送路などから成ります。
主な測定アプリケーションには以下があげられます。
 *誤り率(BER)
 *分散ペナルティ
 *受光感度試験
 *CD測定
 *PMD測定
 *高速偏波制御、解析
  アプリケーション情報はこちらから
pon PON(Passive Optical Network)は、FTTH(Fiber-To-The Home)で多く用いられる、1対多接続の伝送方式です。
  アプリケーション情報はこちらから
gbe 10GbEは、LAN/WANにアクセスするためのイーサネット規格を最大10Gb/sで伝送する手法です。
  アプリケーション情報はこちらから
catv 光CATVは、多くは、基幹部分に光ファイバ、ユーザ配線区間に同軸ケーブルを用いるHFC(Hybrid Fiber Coax)技術が用いられています。
  アプリケーション情報はこちらから
oic_image.gif 光インターコネクトは、ボード間など比較的短い距離を伝送させる光通信技術の総称で、従来の銅配線に比べ高速化・高性能化が実現可能な技術です。
  アプリケーション情報はこちらから