検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E1411B/E1476Aスキャン電圧計のスキャン・リストを設定するには?

以下の例を参考にしてください。

スロット0コントローラとしてE1406Aを搭載したVXIシステムで、E1411Bを使用しています。E1476A MUXからの電圧と温度を測定しようとしています。スキャン・リスト内の一連のチャネルを測定するためにコマンドを送っても、E1411Bはエラーを返すばかりです。

E1411BをMUXと併用するときのプログラミング・エラーの原因は、一般にVXIシステムの構成エラーです。E1411Bの構成は、コマンド・モジュールにインストールした電圧計du (D-SCPI) ドライバが受け持っています。E1411BとE1476Aマルチプレクサ (MUX) が連続したアドレス上に構成されていれば、ドライバはE1411Bをスキャン電圧計として自動的に構成します。E1411Bがスキャン電圧計として構成されていれば、E1411Bはチャネル・リストをプログラミング命令の一部として受け付けます。E1411Bがスキャン電圧計として構成されていなければ、チャネル・リストはプログラミング命令の一部として受け付けません。

例えば、E1411BがVXIアドレス24、E1476AがVXIアドレス25とします。この場合、2個の測定器は結合し、アドレス24上に1個の集合ユニットが形成されます。E1476Aは直接アドレス指定できなくなります。このスキャン電圧計から測定値を読むには、スキャン電圧計に"MEAS:VOLT:DC? (@100:163)" 送出します。E1411BとE1476Aのアドレスを連続した値に設定したために、スキャン・リストは有効となっています。

E1411BとE1476Aがそれぞれアドレス24、32にあったとすると、E1411Bをスキャン・モードで使用することはできません。