検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

マルチフレームCサイズVXIシステムを構築するには?

マルチフレームVXIシステムを構築するには、複数のVXIメインフレーム(E1401B、E8401A、E8403A、E8404A、E8408A)を選択します。そして、各メインフレームのスロット0にコントローラ(E1406A、E8491B)を含めます。

次に、各メインフレームに固有のアドレスを割り当てます。E1406Aに対しては、GPIBアドレス・ハードウェアのDIPスイッチを使用して1次バス・アドレスを変更することにより、固有のアドレスを割り当てます。

E8491Bに対しては、keysight IOライブラリのIO Configを実行して「CONFIGURE」を複数回選択します。E8491Bが複数個ある場合は、どのE8491Bを構成するかを選ぶプロンプトが表示されます。その結果最終的に、各メインフレームに別々のVISA名(例えばVXI0、VXI1)が与えられます。