検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

A0040A光雑音アナライザ

光周波数雑音特性をスペクトラムとして取得1/f 雑音、白色雑音、ローレンツ線幅等を解析ITLA等のデジタル・コヒーレント用光源評価に最適RIN測定、レーザ線幅測定も統合可能

SYCATUSでは、光周波数雑音を評価するための新たな測定ソリューションを提供します。独自の手法により、これまでレーザ線幅として評価されてきた光周波数雑音特性を、スペクトラムとして把握することを可能としました。近年のデジタル・コヒーレント伝送方式の発展により、レーザ光源に対する光周波数の純度に対する要求が高まっています。一方、ITLAに代表されるレーザ光源の高機能化に伴い、電子回路との集積化あるいは複雑な制御方式に由来する雑音が引き起こす光周波数の変動が問題となっています。

関連製品

N9010A EXAシグナル・アナライザ

N9020A MXAシグナル・アナライザ

N9030A PXAシグナル・アナライザ

N9064A VXAベクトル・シグナル測定アプリケーション

スペクトラム・アナライザ

ドキュメントおよびダウンロード

A0040A光雑音アナライザ 
SYCATUSの提供するA0040A 光雑音アナライザは、SYCATUS独自の手法とKeysightのX‐シリーズ シグナル・アナライザを組 み合わせることにより、光周波数雑音のスペクトラムを取得することを可能にします。

ブローシャ 2014-10-01

null PDF 575 KB