検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Keysight E5500位相雑音システムのライセンス・キーを失くしてしまいました。代わりの永久ライセンス・キーを入手する方法は?

keysight(および旧Hewlett-Packard)位相雑音システムは通常、ライセンス・キー方式のパーソナル・コンピュータ(PC)と位相検波器で構成されています(最小構成)。位相検波器テスト・セットのモデル番号は、70420AまたはN5500Aです。代わりの位相雑音システムの永久ライセンス・キーを入手するには、位相検波器テスト・セット(70420AまたはN5500A)のシリアル番号が必要です。

  • 70420A位相検波器テスト・セットのシリアル番号を確認するには、ヒンジ式ベゼルを外します。
  • N5500A位相検波器テスト・セットの場合は、シリアル番号タグはフロント・パネルにあります。

さらに、70420AおよびN5500A位相雑音テスト・セットの場合は、*IDN?識別クエリをGPIB経由で実行して、位相検波器テスト・セットのシリアル番号を印刷して確認することをお勧めします。*IDN?クエリは、位相雑音PCコントローラおよびkeysight I/Oライブラリによって実行されます。

GPIBベースの*IDN?クエリによってシリアル番号0000A00000が報告された場合は、スペシャル構成です。この構成から、モデル70420Aスペシャル・オプションH02であることがわかります。これらの位相検波器テスト・セットはすべて、1つの永久ライセンス・キーを共有しています。このライセンス・キーは、すべての70420AオプションH02構成の位相テスト・セットに有効です。GPIB経由でシリアル番号0000A0000と確認されたすべての70420AオプションH02位相検波器テスト・セットの永久ライセンス・キーは、以下のとおりです。

yGqZx7/U-6R04AkB4-CmRxQ03L-PNEzRXos-EqgfAC1c-FiMiFd9M-4PZZOnb1-NZdejS7K-+0SsCZYN-bs/FGPY=

他のシリアル番号についてはすべて、バス経由で報告されるシリアル番号を入手し、印刷したシリアル番号と一致していることを確認します。以下のいずれかの品目が当該位相雑音システムに深く関係している場合には注意が必要です。

E1430A用のE5480A LTU ACM
プログラマブル遅延ライン用のE5490A LTU ACM
E1437A用のE5491A LTU ACM
E1420Bカウンタ用のE5492A LTU ACM
E5495A LTUリモートSCPIクライアントSW
2030/2040/2050シリーズIFR Marconi電源用のE5496A LTU ACMソフトウェア

 

csg.support@keysight.com に電子メールを送り、件名行に “Request for permanent Phase Noise license key”と入力します。以下の必須情報も入力してください。

  1. バス経由で報告された70420AまたはN5500A位相雑音テスト・セットのモデルおよびシリアル番号。
  2. 上記のリストの必要なすべてのLTU ACM。
  3. 位相雑音アプリケーション・ソリューションで[Help] - [About]の選択によって確認された位相雑音ソフトウェアのバージョン。
  4. Windowsオペレーティング・システム:
    • 現時点では、Windows® 7 32ビットとWindows XPがサポートされています。
    • Windows 7 64ビットは現在サポートされていません。
    • Windows 2000およびWindows NTは、サポートを終了しています。
  5. 以下の連絡先情報が必要です。
    • 姓名 
    • 電子メール・アドレス
    • デスク(ラボ)の電話番号、携帯電話番号(該当する場合)
    • 会社名
    • 会社の住所