検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

ノイズパラメータ測定

ノイズパラメータ測定の高速化

受信システムなどにおいて製品特性を最大限に引き出すには、その構成部品の正確なノイズパラメータの入手が必要となり、高周波設計エンジニアにとってデバイスや回路のいかに正確なノイズパラメータを取得するかが非常に重要となります。

最も一般的に利用されているのは雑音指数(Noise Figure)ですが、これが常にベストパフォーマンスをもたらす最適デザイン実現への最良の手段とはなりません。(50Ω環境での雑音指数測定)
そこで、ノイズパラメータ(50Ω環境以外での雑音特性)を測定する必要性が生じますが、今までのノイズパラメータ測定には、特殊なシステムとしばしば数日に及ぶ長時間測定が要求されました。

ノイズレシーバーオプション搭載のPNA-XとMaury Microwave(マウリー・マイクロウェーブ)社のインピーダンス自動チューナー及び高速ノイズ測定ソフトウェア(Ultra-Fast-Noise-Measurement Option)を組み合わせる事で、かつては数日にも及んだこのようなノイズパラメータ測定を数分で完了することが出来ます。これによって、今までは仕様適応の為に費やされていた多くの時間を、製品特性の最適化に割くことが可能となり、結果として大幅な効率化が可能となります。

Available Solution Briefs-Maury, Noise Parameter Measurements

Noise Parameter vs Noise Figure Measurements  
Co-branded Solutions Partner brochure with Maury Microwave on noise parameter measurements.

ブローシャ 2018-02-26