検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

パッシブ相互変調(PIM)測定

パッシブ相互変調(PIM)は、2つ以上のハイパワー信号が入力されることによって、アンテナ、ケーブル、コネクタ、デュプレクサなどのパッシブ・コンポーネントで発生する相互変調歪みです。伝送経路でPIMが発生すると、無線通信システムの品質が低下します。

RF伝送パワーの増加、共有の共同アンテナによるマルチバンド動作、信号帯域幅の拡大(レシーバ帯域でPIMが発生する確率が上昇)など、無線通信業界における新しいテクノロジーの導入により、近年ではPIMが重要なパラメータとなりつつあります。

より高性能で低価格のテスト・ソリューションを実現していただくために、Keysightでは、ベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)によるパッシブ・コンポーネントのPIM測定機能とSパラメータ測定機能を兼ね備えたソリューションを提供しています。

ご覧になるためには、ブラウザのJavascriptを有効にしてください。また、Adobe Flash Player が必要です。

Flash ダウンロード 

  • No image available E5072A ENAベクトル・ネットワーク・アナライザ 
    No image available

    E5072A ENAベクトル・ネットワーク・アナライザ

    E5072C ENAベクトル・ネットワーク・アナライザ、30 kHz~8.5 GHz、ダイレクト・レシーバー・アクセス搭載。

  • No image available S5005A PIM and PIM Location, Reference Solution 
    No image available

    S5005A PIM and PIM Location, Reference Solution

    Achieve CapEx and OpEx efficiencies by adding PIM detection and patented PIM location analysis (PLA) on a vector network analyzer (VNA), supplementing S-parameter measurement with fast and accurate PIM characterization - at a single test station

  • No image available 低PIM同軸スイッチ 
    No image available

    低PIM同軸スイッチ

    低パッシブ相互変調(PIM)性能は、2つ以上の伝送信号が共通のアンテナを共有するアプリケーションや、トランスミッタ信号が大き過ぎたりレシーバが大きな相互変調に影響されやすい場合のアプリケーションではきわめて重要です。

  • No image available Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG) 
    No image available

    Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG)

    MXG/EXG Xシリーズ RF/マイクロ波信号発生器および最大40 GHzの周波数レンジを備えたEWテスト用のUXGアジャイル信号発生器。

  • No image available USBパワー・センサ 
    No image available

    USBパワー・センサ

    Keysight USBパワーセンサは、小型で持ち運び可能で、パワーメータのピーク/平均パワーの測定機能を備えています。プラグアンドプレイUSBインタフェースを備えているので、セットアップが非常に簡単です。センサをPCに接続するだけで、 付属のソフトウェアを使ってパワー測定をすぐに開始することができます。キーサイトのUSBパワーセンサは、ユーザーのニーズに対応できるだけでなく、セットアップも簡単で、高度な機能を備えたセンサです。