検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

軍事通信

現在および将来の任務の要件を満たすために、従来の多くの専用無線機に代わって、相互運用性を容易に確保できる互換性のあるソフトウェア定義デジタル・システムが用いられつつあります。これに応じて、測定ソリューションはこのような多機能の無線機をその全使用期間にわたってテストできる必要があります。FPGA 内部のダイナミック・プロービングからデジタル IF/IQ のテスト、製造テストからオペレーションのトラブルシューティングまで、Keysight はシステムの即応性の保証に寄与します。 ソフトウェア無線の測定ソリューション

主な製品 概要
  MXA シリーズ・シグナル・アナライザ 高速性と高性能に加えて、3種類のタイム・ゲーティング(ビデオ、LO、FFT)とさまざまな測定パーソナリティが用意されています。
  PSA シリーズ・スペクトラム・アナライザ 柔軟な復調と最大 80 MHz の瞬時帯域幅により、商用/専用の無線フォーマットの表示と解析を実行できます。
  89601 VSA ソフトウェア アナログ/デジタル変調をアナログまたはデジタル・フォーマットで復調します。一部の Keysight 測定器内部、および Keysight ADS ソフトウェアと MATLAB®で動作します。
  89604ディストーション・スイート・ソフトウェア AM-AM、AM-PM 歪み、デルタ EVM などの測定により、パワーアンプを評価します。
  89650S VSA バンドル PSA シリーズ・シグナル・アナライザと 89601A ソフトウェアの組み合わせて、3 Hz ~ 26.5 GHz の高度な RF/ 変調解析を実現します。
  N5110B Baseband Studioソフトウェア IQ 波形を捕捉/再生したり、89600 VSA ソフトウェアに送って詳細に評価できます。
  Advanced Design System ソフトウェア 通信システム用の複雑な高周波システム/回路デザインをすばやく作成します。Keysight コネクテッド・ソリューションを使えば、シミュレーションと実際の測定を結び付けることができます。
  E8267D PSG ベクトル信号発生器 複雑な波形、掃引、変調信号(AM、PM、OM、パルス)を大きい出力パワーと小さい位相雑音で作成できます。
  E4438C ベクトル信号発生器 校正済みのテスト信号を、ベースバンド、IF、6 GHz までの RF 周波数で作成できます。任意波形機能とリアルタイム I/Q 機能を備えています。
  MXG ベクトル信号発生器 リスト・モード機能で周波数/振幅/波形を変化させながら高速スイッチング信号を発生できます。
  E8663B アナログ信号発生器 複雑なアナログ変調信号(AM、PM、OM、パルス)を、優れたレベル確度、大きな出力パワー、小さな位相雑音で作成できます。
  N8241A 任意波形発生器 1 GHz の結合 IQ 帯域幅と 15 ビットの分解能をコンパクトな LXI 互換モジュールで同時に使用できます。
  PNA-X マイクロ波ネットワーク・アナライザ 26.5 GHz までのアンテナ、周波数コンバータ、アクティブ・デバイスの評価を、内蔵の第 2 信号源と周波数コンバイナで実行できます。
  PNA シリーズ・マイクロ波ネットワーク・アナライザ オプションの周波数オフセット・モードと校正済みコンバータ測定の追加により、ミキサやコンバータをテストできます。
  電源/電子負荷 DC 電源、DC 電子負荷、AC 電源/アナライザの強力な解析機能により測定を実行できます。
  デジタル・マルチメータ/電圧計 軍事通信テストのニーズに応じたあらゆる種類のデジタル・マルチメータ/電圧計が用意されています。
  周波数カウンタ Keysight の周波数カウンタは、GPIB 経由で最大 200回/s の測定速度により、さまざまな時間/周波数測定を実行できます。
  データ収集/システム・スイッチング Keysight のデータ収集ソリューションは、業界標準のソフトウェアとモジュラ・ハードウェアに基づいたもので、お客様の現在と将来のニーズに応えます。
  ファンクション/任意波形発生器 Keysight のファンクション・ジェネレータと任意波形発生器は、10 種類の標準波形と任意波形を発生できます。
  Keysight VXIbus 製品 Keysight の VXI 製品はフル機能の測定器品質モデルであり、テスト・コードの作成を容易にします。

MATLAB は The Math Works, Inc. の米国における登録商標です。

YouTubeビデオを見る 

26-27 / 27

並べ替え
Mixed Signal Testing Challenges in FPGA-based Radar Systems 
Original broadcast May 17, 2012

ウェブセミナ(録画)

 
A Design-to-Test Methodology for SDR and Cognitive Radio 
This presentation discusses how to mitigate risks inherent in SDR development and improve the design and test process by combining FPGAs and RF, in order to take full advantage of an SDR's flexibility.

セミナのプレゼンテーション 2010-10-14

PDF PDF 2.79 MB

前へ 1 2