GTP セッションコントローラー 7433

GSC7433

ワイヤレスコアネットワークの可視化を向上させながら、ネットワークプローブと容量を最大化

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートにアクセスする

ハイライト

  • 加入者のデータの相関処理をモニタリングプローブからオフローディングすることで、監視ソリューションの拡張を実現
  • プローブに送信されたトラフィックを低減するためGTPセッションをサンプリングおよびフィルタリング
  • 自動的にプローブ不良を検知し、プローブ回復までトラフィックを再配布します。
  • 要求の高いテレコミュニケーション環境で中断する心配のないトラフィックを提供
  • エンドユーザーとともに成長するためのソリューションの十分な余力を提供
  • ネットワーク可視化インフラROI(投資効率)を向上

モバイル・ネットワーク・トラフィックインテリジェントな分散と制御

問題:手に負えないモバイルトラフィックーおよびコスト

モバイルキャリアにとって、ネットワークサービスの信頼性や顧客体験は成功を実現するうえで欠かせません。 しかし、ネットワークプローブがワイヤレス・コア・ネットワークの可視化を可能にする一方、これらのデバイスの容量は限られており、変動するモバイル利用者トラフィックに耐えられないかもしれません。 それと同時に、ネットワークプローブのアンダーロードは、追加コストがかかります。 適切なバランスをとることが、キャリアがコストを管理しながらワイヤレスネットワークの可視化を向上することのできる唯一の方法です。

ソリューション:ネットワークプローブの最大化により最大のメリットを得る

GTPセッションコントローラー 7433を使うことで、サービスプロバイダーがワイヤレスコアネットワークの可視化を向上させながら、ネットワークプローブと容量を最大化することを可能にします。 このソリューションは、モバイルトラフィックが変動している時でも顧客一人一人の容量やレートリミットを強化することで、ネットワークがプローブ接続しているモバイル加入者およびロードバランスを効果的に特定・追跡します。 コントローラーが不良や過負荷になったモニタリングプローブを検知した場合、その負荷をクラスター内の他のプローブに自動的に再分配します。 結果としてモニタリングプローブは、体感品質(QoE)解析に集中することが可能になり、GTPセッショントラフィックの再組立てばかりに時間を費やすことがなくなります。
Ixia GTP セッションコントローラー

ご要望、ご質問はございませんか。