5G RANテスト

ステートフルなUEトラフィックを大規模にシミュレーションし、5G RANをエンドツーエンドで検証

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートにアクセスする

ハイライト

  • GUI駆動型(スクリプトなし)で、UEの動作の定義とトラフィックモデル/パターンの記述が設定の中心
  • 数個のUEから数千個のUEまで対応できる拡張性
  • 体感品質(QoE)解析および各UEのトラフィックストリームのスコアリングの測定とレポート
  • ステートフル・ユーザープレーン・トラフィック・シミュレーションの実行:VoLTE(音声と動画)、ビデオオンデマンド、HTTPストリーミング、FTP、HTTP、HTTPS
  • 同一システム上の単一のユーザーインタフェースから4Gと5G(NSA)をサポート
  • エンドツーエンド:UEからPDNまで、同一システム上で同じテストを両端で実行可能

限界に挑む新しいテクノロジーを検証

5G新無線(NR)は、OFDMベースの物理的エアインタフェースの技術仕様で、無線ブロードバンドの性能を有線と同等にすることを目指にしています。 極端な帯域幅、低遅延、大規模な拡張性を備えたこの「ワイヤレスファイバー」は、5Gに期待されるパフォーマンスを実現すると同時に、OPEXコストを現在の5分の1にまで削減します。

5G規格が進化するにつれて、イノベーションを加速するためには、継続的な規格コンフォーマンステストを実行することが重要です。 5G無線アクセスネットワーク(RAN)のテストには、綿密な計画、十分に考慮されたテスト計画、性能ベンチマーク戦略、テスト自動化、レポート作成などが必要です。

スケーラブルで高パフォーマンスの5Gアーキテクチャを実現

4G/LTE RANとは異なり、5G RANの変化に伴い、アーキテクチャのモジュール性や柔軟性を大規模かつ高パフォーマンスでテストする必要があります。 これを実現するために、当社の5G RANテストソリューションは、さまざまな5Gスプリットアーキテクチャをサポートする柔軟性、モジュール性、拡張性を備えています。 また、コンパクトな設置面積でありながら、最大4,000個のUEまで拡大可能なため、非常に複雑なモビリティシナリオを検証することができます。

注目のリソース

お客様が高パフォーマンスの5Gデバイスとネットワークを構築するのをお手伝いします。