5Gコアテスト

5G UE動作をシミュレートして5Gコアを検証

本製品をすで持っていますか? テクニカルサポートにアクセスする

ハイライト

  • 5G 使用例展開でのUE動作のシミュレート:ネットワークスライシング、マルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)の低遅延やオフロード、ビデオ最適化
  • サブスクライバーモデリング、マルチプレイトラフィック生成、体感品質(QoE)測定を使ってサービスの品質検証を実行します。
  • サービスベースのアーキテクチャーの複雑なシナリオ検証
  • 特化したIxiaハードウェアあるいは仮想エディション(VE)を介して5Gノードとインタフェースを検証
  • 実際のサーバーやピアーと対話が可能なステートフルなアプリケーション・トラフィック・ミックスを使用して数百万というサブスクライバーまで拡張していきます。
  • フローまたはセッションごとに複数のユーザープレーンQoS特性評価を強化および検証します。
  • ネットワークの目標を使用してテスト・トラフィック・ミックスと強度を管理し、制御プレーンとユーザープレーンを個別に管理します。
  • 一般的なライセンススキームは、必要に合わせて拡大し、将来を見据え成長に応じて支払、初期投資を抑えるなど予算に合わせた柔軟性を提供します:

5Gイノベーションが生み出す新しいテスト課題

5Gの需要は、統合型サービス、大規模で低遅延の通信など既存および新規のモバイル・ネットワーク・アーキテクチャーの要件を解決することを目的としているので、4Gとは本質的に異なります。

5Gの価値の提案:

  • ダイナミックにネットワーク機能をアサインする機能でネットワークリソースを拡張し、さまざまな業種や使用例をサポートする新しいサービスやスライスをサポートします。
  • 統合されたサービスを通してコストを管理し、各レイヤーあるいは機能で真のマルチベンダーを実装するための道を整えます。
  • 全てのステークホルダーへのサービスを処理および加速する能力を備えたサービスの柔軟性

5Gコアは、とりわけ新しいプロトコル、サービスベースのアーキテクチャー、仮想化、およびネットワークスライシングを導入します。 5Gコアネットワークの弾力性は、アイソレーションとエンドツーエンドのセットアップ両方でコアネットワーク構成要素のテストに新しい課題を作ります。

高性能UEシミュレーションを使用した5Gラボテスト

このウェビナーは、ユーザープレーン機能(UPF)展開を推進する際代の使用例について説明します。 これは、セッションとフローごとのマルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)やサービス品質(QoS)実施などいくつかの重要な局面について説明します。

サービスベースのアーキテクチャー

5Gのアーキテクチャーはサービスベースで、ネットワーク機能間の相互作用は2つの方法で表されます。

参照ポイントの表現では、任意の2つのネットワーク(SMFとUPFなど)間でポイントツーポイントの参照ポイント(例えばN4)で描写されたNF間での相互作用が示されます。

サービスベースの表現は、コントロールプレーン内のネットワーク機能(例えばAMF)が他の許可されたネットワーク機能がそのサービスにアクセスを可能にする場所のことです。

大規模な5Gコアの検証

IxLoadの実環境サブスクライバーモデリングを使用すると、テスト実施者は現実的なテストシナリオを開発するためにプロトコルのエキスパートである必要はありません。 単一のアプリケーションから、ユーザーは容量テストを実行し、デバイスのスループットの詳細を確認し、音声やビデオの品質を測定、さまざまなモビリティーシナリオのモデル化できます。

ノードのアイソレーション、インタフェーステスト、あるいはサービスの検証を中心として多数のテストトポロジーが利用可能です。

注目のリソース

高性能の5Gデバイスをネットワークを構築するお手伝いをいたします。