IxProbe – ラストマイルのアクティブSLAモニタリング

厳しいSLAを満たし、インライン/アクティブモニタリングによるサービス保証を確保

この製品をすでにお持ちですか? テクニカルサポートにアクセスする

SLAモニタリング — エッジでも利用可能になりました

大企業であれ、ネットワークサービスプロバイダーであれ、接続性はビジネスの心臓部です。 SLAの達成はますます困難になり、かつサービス品質(QoS)への期待はますます高まっています。

しかし、ラストマイルの接続性を監視せずにこうした期待に応えることは困難であり、顧客満足度を高めたり、ブランチ間のネットワークアクセスを維持する能力を損なうことになります。

高価で複雑な監視ソリューションが多い中、IxProbeは拡張性と合理性に優れており、以下のことが可能です:

  • ブランチのSLAを管理制御
  • アクティブ/シンセティックモニタリングにより、問題の発見と修正を迅速化
  • コストのかかるトラックロールを削減
  • 迅速でシンプルなインストールにより、エンタープライズ規模で導入

IxProbeとは?

SLAモニタリングのための唯一無二のソリューション

インライン・モニタリング・プローブであるIxProbeは、Hawkeyeによるリアルタイムのパフォーマンスモニタリングとシンセティックサービス品質(QoS)テストを組み合わせたもので、ネットワークのエッジをコントロールすることができます。 トラブルシューティングとSLAの検証を迅速に行うことで、ブランチオフィス全体でピークQoSを確保することができます。

Keysight Hawkeye – 真実の源

リモートサイトのシンセティック・パフォーマンス・モニタリング

監視に関しては、ライブネットワークデータを受動的に待つだけでは十分ではありません。 サブスクライバーよりも先にコネクティビィティやパフォーマンスの問題を検出したい場合は、積極的に取り組む必要があります。

そのため、IxProbeは、キーサイト のアクティブ・ネットワーク・モニタリング・プラットフォーム、Hawkeyeにシームレスに統合できます。 シミュレートされたアプリケーショントラフィックのパルスをブランチサイトに持続的に送信することで、リンクが稼働しているかどうかだけでなく、依存しているアプリケーションをネットワークがサポートできるかどうかも知ることができます。

さらに、Hawkeyeの中央コントローラーには、データ(インラインおよびアクティブ)を監視し、大規模でデバイスを制御するための統合ダッシュボードが用意されています。

あらゆる種類のネットワーク・パフォーマンス・テスト、内蔵KPI、利用可能なエンドポイントなどについては、Hawkeyeの製品ページをご覧ください。

ラストマイルのモニタリング

サービスプロバイダーとエンタープライズが同様に直面する課題

ブランチサイトのモニタリングは重要ですが、思ったほど簡単ではありません。 サービスプロバイダーは、ラストマイルデリバリーのために同業他社と提携する場合が多いですが、可視性と制御を犠牲にして、自社の地理的範囲外の配信を行うことになります。

IxProbeは、サービスプロバイダーのケーブルモデム/NTUとクライアントのファイアウォール/ルーターの間に設置されるラストマイル用ソリューションです。 エッジサイトに直接アクセスすることで、ネットワークのパフォーマンスをエンドツーエンドで把握することができ、管理制御を提供します。

大規模環境での展開に対応

容易なOSSプロビジョニング設計

サービスプロバイダーとエンタープライズも同様に、スケーラビリティは非常に重要です。 ブランチサイトのSLAを監視するためには、何百台、何千台ものデバイスを使用する必要性が生じる可能性があります。 このような場合、最も回避したいのは展開が困難で、インストールにコストがかかるツールです。

IxProbeはスケーラビリティを考慮して作られています。 IxProbeは、既存のオペレーション・サポート・システム(OSS)に簡単に統合できるように設計されており、導入は迅速かつ簡単で、手間がかかりません。 必要なのは、構成済みのデバイスを倉庫から顧客のサイトへ発送し、ブランチ管理者に接続してもらうだけです。 コストのかかるトラックロールやオンサイトの技術者は必要ありません。

ご要望、ご質問はございませんか。