ハイライト

市販のストリングインバータをテストするためのパワー

PVシミュレータは、さまざまな環境条件(温度、照度、経年劣化、セル技術など)のもとで太陽電池アレイの出力特性をシミュレートする、自動可変のプログラム可能なDC電源で、これにより、インバータのMPPTアルゴリズムやインバータ効率を迅速かつ総合的にテストすることができます。 DG8900 SAS制御ソフトウェアは、太陽電池のI-V曲線を作成し、単一の出力ソリューションにダウンロードします。 複数出力の場合は、最大12台のN8900APVソースに使用できるDG9000 SAS制御ソフトウェアを選択してください。

  • 最大150 kWの電力を並列供給
  • 多入力インバータのテスト
  • Sandia、EN50530、および独自の曲線の作成
  • I-V曲線、最大電力ポイントの表示
  • EN50530 MPPTの静的および動的試験
  • フォーマットレポートによるEN50530試験の自動化
  • LAN (LXI Core)、USB、GPIBおよびアナログのインタフェースを搭載
  • 208VAC および400VAC 入力では既存の電源分配回路を使用可

ストリングスインバータのMPPTアルゴリズムのテスト

キーサイトのPVシミュレーションソリューションは、ほぼすべてのストリングインバータをテストできる柔軟性を備えています。 Keysight DG9000アドバンス/マルチ入力 PVインバータ・テスト・ソフトウェアは、最大12ストリングまでシミュレートできます。 シミュレーションでは、一般的な曲線またはテーブルモードを使用し、1024ポイントの正確なI-V曲線を実現します。 MPPTの性能を最大化するためには、テスト基準を超える必要があります。

Key Specifications

出力数

1

Total Power

15 kW

ラックユニット

3

リップルとノイズ

16 mVrms

Connectivity

LAN, USB, GPIB

その他の詳細仕様もご覧ください。

最適なモデルの検索

注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。