E3630シリーズベンチ用電源

消費電力が大きなデバイスにより多くの電力を

これらの1つを既にお持ちの場合は、テクニカルサポートにアクセスしてください

ハイライト

最大200ワットのクリーンで安定な電源

さらに電力が必要な場合、E3630 シリーズは1出力あたり最大200Wの電源をご提供。これらのリニア電源は十分な信頼性と品質を備えており、R&Dにおける設計検証、製造における試験、QA検査などの最も要求の厳しい用途に対応します。

  • シングル出力、トリプル出力、80 ~ 200 Wの出力
  • デュアルレンジ出力を用いた多様な電圧と電圧の組み合わせ
  • 低雑音と優れた負荷変動特性
  • RS232 および GPIB インターフェース
  • リモートセンサ (E3631Aを除く)
  • セーブ/リコール機能
  • 過電圧/過電流保護 (E3631Aを除く)

最大200 Wの信頼できる電源

E3630リニア電源シリーズにはトリプル出力のE3631Aに加えて3種類のシングル出力電源があります。デュアルレンジ電源は、高電圧レンジか低電圧レンジを選択可能で、低レンジではより多くの電流出力を供給することができます。また、デュアルレンジ電源は4線式リモートセンス機能を備えており、負荷端での電圧読み取り値がより正確になります。RS232 または GPIBインターフェースを用いてテストを自動化することが可能です。最大200Wの信頼できる電源をお探しの場合、定評のあるE3630シリーズをご検討ください。

主な仕様

出力数

1 または 3

全パワー

80 ~ 200 W

リップルとノイズ

< 350 µVrms

確度

0.05 %+10 mV

インタフェース

RS232 および GPIB

さらに詳細な仕様を参照しますか?

最適なモデルの検索

適切な電源を検討する際、デュアルレンジ電源の両方のレンジの出力範囲の確認を忘れないでください。例えば、デュアルレンジ電源の3モデルはいずれも12 V出力が可能ですが、そのときの最大電流はモデルにより異なります。適切な電力を供給できる電源を選択することで、より優れたノイズ特性やデバイス保護機能を得ることができます。

これらの製品の1つを既にお持ちの場合は、テクニカルサポートにアクセスしてください

電源に関するスキルセットを構築する

近年の回路設計においては、ベンチ用電源に対する要求が厳しくなっています。設計した回路に問題が発生しものの、その原因が実はベンチ用電源だったということもあるかもしれません。安心して電源をお使いになれるよう、電源の特性を正しく理解し適切な扱い方を学んでください。

E3630 シリーズに関する参照頻度の高い資料

キーサイトの絶えず拡大するリソースの選択肢から、測定確度の向上に役立つ製品を探して、優れたデザインの実現につなげてください。

ご要望、ご質問はございませんか。