E36200シリーズ オートレンジ電源

このオートレンジ電源でさらなるパワーを入手

これらの1つを既にお持ちの場合は、テクニカルサポートにアクセスしてください

ハイライト

パワーの必要なモジュールデバイスに最適なデザイン

キーサイトE36200シリーズのオートレンジベンチ電源は、通常より大きなワット定格の高出力電源を必要とするデバイスに対しより大きな電力を供給することができます。単一出力のE36200シリーズは、最大200Wを必要とするデバイスに電源を供給。またデュアル出力は2つの200 Wのチャネルを個々に提供し、結合して単一出力を400Wとすることが可能です。オートレンジ、自動直列、自動並列の3つのテクノロジーにより、より高電圧、より高電流を生成します。4つのモデルは全てオートレンジ出力を使用し、すべての電圧で最大電流を供給。自動直列および自動並列は、内部でデュアル出力モデルの出力を結合し単一の400W出力を生成します。自動並列または自動直列を使用することで、意図的に2つの出力を1つの出力に接続してパワーを倍増し、デバイスに最大40 Aの電流(キーサイトE36233A)または最大120 Vの電圧(キーサイトE36234A)を供給します。

  • オートレンジ電源により、すべての電圧設定でより高い電流を生成
  • 自動並列の結合で最大40 Aの電流を出力
  • 自動直列の結合で最大120 Vの電圧を出力
  • 可変スルーレートで突入電流を制御
  • 過電圧、過電流、および過熱保護によってデバイスを保護
  • リップルとノイズ350 µVrms未満の低ノイズ出力
  • 負荷による電源変動を向上させる4線式
  • 内蔵式データロガーが時間の経過とともに電力を測定
  • USB、LAN(LXI Core)、およびオプションのGPIBで接続性もシンプル

小型のパッケージで充実した性能

E36200は、すべての出力の電圧と電流を同時に簡単に読み取ることのできる大型画面を備えています。大型画面では、1つ以上の出力について一定期間の電圧と電流を記録できます。高電流アプリケーションには、調整可能なスルーレートと4線式リモートセンスを活用できます。オートレンジ電源により、すべての出力電圧値で使用できる最大限の電流値を供給できます。単一出力200W、デュアル出力400Wよりお選びください。

主な仕様

出力数

1つ、あるいは独立式で2つ

トータルパワー

200W または 400W

リップルとノイズ

350 µVrms未満

確度

0.03% +4 mV

最新のインタフェース

USB、LAN、オプションでGPIB

さらに詳細な仕様を参照しますか?

最適なモデルの検索

これらの1つを既にお持ちの場合は、テクニカルサポートにアクセスしてください

E36231A

  • 出力: 1つ
  • 電圧:30 V
  • 電流: 20 A

Configure / Quote

E36232A

  • 出力: 1つ
  • 電圧:60 V
  • 電流: 10 A

Configure / Quote

E36233A

  • 出力:2つ 独立式
  • 電圧:30 V
  • 電流: 20 A

Configure / Quote

E36234A

  • 出力:2つ 独立式
  • 電圧: 60 V
  • 電流: 10 A

Configure / Quote

電源に関するスキルセットを構築する

近年の回路設計においては、ベンチ用電源に対する要求が厳しくなっています。設計した回路に問題が発生したものの、その原因が実はベンチ用電源だったということもあるかもしれません。安心して電源をお使いになれるよう、電源の特性を正しく理解し適切な扱い方を学んでください。

E36200シリーズ オートレンジ電源の参照頻度の高い資料

より正確な測定を⾏い、より優れた設計を実現するために、⽇々増え続けるキーサイトのリソースの選択肢をご覧ください。

ご要望、ご質問はございませんか。