お得なソフトウェアバンドルで最大5 %節約

バッテリーをエミュレートしながら電圧と電流を連続的に測定し、測定結果を保存することが可能。EVのバッテリーテストに最適です。

ハイライト

熱と電力コストを削減

キーサイト RP7900シリーズ回生型電源は最大30 kWの電源ソース機能と電子負荷機能の両方を提供します。 双方向電源はエネルギーストレージとコンバーターのテストに理想的です。 大部分の電子負荷はエネルギーを熱へ変換するため、ラック内の温度が上昇し、測定誤差の原因となる場合があります。 回生型電源は安全にエネルギーをグリッドに戻すことにより、過剰な熱を除去するための追加費用を最小限に抑えます。

  • 電源ソースおよび電力回生電子負荷として、2象限モードで動作。
  • 1測定器あたり、最大2000 V、最大±800 A、最大30 kW出力。
  • 高速出力とミリ秒未満のコマンド処理時間。
  • 並列接続が容易で、最大600 kWの電力または負荷に対応可能。
  • 回生機能により90 %の電力をグリッドに戻すことで、冷却コストを削減。
  • RP7970/RP7980シリーズは、太陽光発電シミュレーション機能を提供します。
  • LAN (LXI Core)、USB、GPIBのインタフェースを搭載。

PathWave BenchVue アドバンスト・バッテリー・テスト&エミュレーションソフトウェア

独自のバッテリーモデルに基づくエミュレーションにより、より高い精度、再現性、安全性を達成します。 モデリングでは、デバイスの消費電力を調べたり、実際のバッテリーをエミュレートしたり、既存のバッテリーモデルをインポートしたりすることができます。

  • デバイスの消費電力の確認、実際のバッテリーのシミュレーション、既存のバッテリーモデルデータのインポート、APIによる既存のプログラムへの統合も可能です。
  • 最大200 kW、最大2 kVのバッテリーをテストおよびエミュレート。
  • 充電/放電によるバッテリーのプロファイルを作成し、独自のバッテリーモデルを作成。
  • 充電状態をエミュレートすることで、テスト時間の短縮、安全性の向上、テストの再現性の向上。
  • バッテリーの充電/放電およびサイクルプロセスを表示して、容量、容量低下、およびバッテリー寿命の減少を判断。

シームレスなソース/シンク電流

RP7900シリーズ 回生型双方向直流電源は電圧または電流プライオリティーで動作可能です。 電圧プライオリティーでは、正と負の電流制限を設定できます。 この電源はまた、電流のソースから電流のシンクへのシームレスに切り替えることも可能です。 エネルギー・ストレージ・システムのテストでは、電流のソースとシンクを切り替えられることが重要です。

仕様

出力数

1

消費電力

5 kW、10 kW、20 kWまたは30 kW

ラックユニット

3

リップルノイズ

3 mVrms

インターフェイス

LAN, USB, GPIB

その他の詳細仕様もご覧ください。

最適なモデルの検索

注目のリソース

すべてのリソースを表示

すべてのリソースを表示

ご要望、ご質問はございませんか。