キーサイトSL1820Aは、1000 V、1200 V、または1500 V、300Aおよび90kWのソースおよび回生シンク機能を、180kWまたは270 kWにアップグレード可能なキャビネットに搭載しています。

ハイライト

SL1800A Scienlab 回生式DCエミュレーター – ハイパワーシリーズの紹介

キーサイトのSL1800A Scienlab 回生式DCエミュレーター – ハイパワーシリーズにより、ユーザーは電気自動車の大型バッテリーをエミュレートできます。 双方向の電力フローにより、トラクションインバーターのテストなどの給電アプリケーションと、EV充電などの電力吸収(シンク)アプリケーションの両方のエミュレーションが可能になります。 回生型のため、吸収された電力はグリッドに戻され、エネルギーと冷却のコストが削減されます。 SL1800Aシリーズは、SL1040A Scienlab Charging Discovery Systemと完全に統合されています。 SL1093A Scienlab Charging Discoverソフトウェアは、さまざまなテスト規格に合わせてDC充電アプリケーションを完全に自動化します。双方向の内蔵DC電圧/電流コントローラー、ハイダイナミクス、回生型エネルギーフィードバック能力を備えているScienlabダイナミックDCエミュレーターは、電気自動車(EV)および電気自動車充電機器(EVSE)のパワー・エレクトロニクス・コンポーネントを効率的かつ効果的にテストできるオールインワンシステムを実現しています。

  • 将来の電力需要の増加に合わせて拡張可能
  • 最大1.5 MWの並列

ご要望、ご質問はございませんか。