SL1200Aシリーズは、30 kVAから630 kVAまで、AC1200 Vまでの3相AC電源テストのニーズに変圧器なしで対応できるように設計されています。 2種類の電圧レンジが利用可能:AC600 VacとAC1200 Vac。 600 Vacモデルは、低電圧インバーターテスト、EVやEVSEの充電テストアプリケーションに最適です。 1200 Vacモデルは、大規模で複雑なテストセットアップを必要とせずに、IEC LV-ACリミットでの(HVRT)テストを可能にします。

主な特長

SL1200Aシリーズ Scienlab回生3相ACエミュレーターのご案内

SL1200Aシリーズは、30 kVAから630 kVAまで、AC1200 Vまでの3相AC電源テストのニーズに変圧器なしで対応できるように設計されています。 2種類の電圧レンジが利用可能:AC600 VacとAC1200 Vac。 600 Vacモデルは、低電圧インバーターテスト、EVやEVSEの充電テストアプリケーションに最適です。 1200 Vacモデルは、大規模で複雑なテストセットアップを必要とせずに、IEC LV-ACリミットでの(HVRT)テストを可能にします。

  • 最大1200 VL-L、最大130 A、最大630 kVAまでのAC試験ニーズに対応
  • 変圧器などの追加の機器なしで、フル仕様で1200 VL-Lを実現
  • 85 %以上の効率を誇る100 %回生(双方向)電源ソリューションで省エネを実現
  • 簡単に操作できるソフト・フロント・パネル(SFP)ですぐに使いこなせる
  • ハードウェア、ソフトウェア、コンサルティング、サポートサービスをフルに世界中で単一ベンダーで提供し、EVSE / EV充電テストなどの様々なアプリケーションに対応します。

ご要望、ご質問はございませんか。