エレクトロニクスにより、あらゆる故障を検出してドライバーに警告できる、よりスマートな自動車が生まれつつあります。タイヤ空気圧のモニター、高度なドライバー・アシスタンス・システムの提供、エンジン/車体/エアバッグ制御ユニットの操作など、現在の自動車は複雑なスーパーコンピュータです。運転者の安全を確保するには、自動車の可動部品を制御するすべてのインテリジェント電子機器の徹底的なテストが必要です。

キーサイトは、車載用エレクトロニクス向けの包括的なファンクション・テスト・ソリューションを提供しており、製品の開発および製造ライフサイクルの時間短縮を実現します。

自動車のインサーキットテスト/バウンダリ・スキャン・テストによる上流での不具合の捕捉

キーサイトは、車載用エレクトロニクスメーカー向けに、さまざまな種類のインサーキットテスト(ICT)およびバウンダリ・スキャン・テスト・ソリューションを提供しています。ますます小型化/複雑化する組み立てプリンタ回線基板には、電気的インテグリティーのテストが必要です。ただし、このような基板へのテストアクセスは困難を極めます。キーサイトの完全自動ICTソリューションを使用すれば、繊細な車載用プリント回線基板アセンブリ(PCBA)が静電放電(ESD)に曝される危険を低減し、コストとスペースの利用効率を高めることができます。

パワートレインとハイブリッド・エレクトロニクス・システムのファンクションテストの簡素化

メカトロニクスとは、精密な機械的制御のために機械、ソフトウェア、エレクトロニクスのテクノロジーを組み合わせてシステムに統合することです。自動車業界や運輸業界では、メカトロニクス制御を使用して、車両の性能を高め、エミッションを適切に管理し、乗客が求める快適性と安全性を実現しています。

ECUのピン数の増加に伴い、相互接続の管理はさらに難しくなっています。製造プロセスは、組み立て時のECUの不具合やDOA(Dead On Arrival)を減らすように設計されます。このため、エンジニアはデザイン検証と製造テストにさらに重点を置く必要があります。キーサイトは、パワートレインとハイブリッド・エレクトロニクス・システムの製造テストの目標達成に役立つファンクション・テスト・ソリューションをエンジニアに提供しています。

自動車ファンクションテストの迅速化

新しいイノベーションを市場に送り出すには、自動車のデザインだけでなく、製造とテストに関しても俊敏性と時間の短縮が必要です。キーサイトは、テストシステムの配備を迅速化することで、車載用エレクトロニクスメーカーの製品の市場投入までの期間短縮を支援します。キーサイトの自動車ファンクションテストは、一般的なアーキテクチャーと中核となる測定システムを利用することで、車載用エレクトロニクス産業の継続的な変化に対応し続けられる最大限の柔軟性を備えています。

電気/ハイブリッドパワートレインのデザイン検証

電気自動車でもハイブリッド自動車でも、パワートレインにイノベーションを導入する際には、デザイン検証テスト(DVT)が不可欠です。DVTにより製造への対応状況を把握できるため、新機能に伴う全体的リスクの軽減に役立ちます。キーサイトは、新しい車載用製品のデザイン検証ニーズに対応できる、柔軟で適合性の高いテスト/測定ハードウェアを提供しています。

次世代車載用レーダーの開発支援

車載用レーダーは、アダプティブ・クルーズ・コントロール、衝突/安全警告システム、衝突軽減システム、交通弱者(vulnerable road user)検出などの機能をガイドするフロントエンドとして急速に普及しています。車載用レーダーの主なアプリケーションとしては、高度な緊急ブレーキ、ブラインドスポット監視、車線変更支援、アダプティブ・クルーズ・コントロール、駐車支援、前方/後方横断警告、ストップ&ゴーなどが挙げられます。

より高い周波数のレーダーシステムは、物体の空間分解能を大幅に向上させ、道路上に潜む危険に対する自動車の対応能力を高めます。世界的には、77~79 GHzの高分解能車載用レーダーの使用が標準化されつつあります。

高周波レーダーのデザインと統合には、最新のアナログ/ベクトル信号発生器、スペクトラム・アナライザ、ベクトル・シグナル・アナライザ、ベクトル・ネットワーク・アナライザが必要です。複数の反射物からの到達波面のシミュレーションから、レシーバーの精密コンポーネントのテストまで、キーサイトのソリューションはレーダー・テスト・アプリケーションの複雑性に対応できます。

ミリ波測定インサイト・セミナー・ツアー

このセミナーツアーでは、ミリ波周波数における広帯域測定の課題、これらの周波数での伝送ライン、同軸/導波管コネクタ、無線伝送の動作への物理的影響、ミリ波周波数でのアクティブ/パッシブコンポーネントの特性評価とテストを正しく行うために業界の最新技術を採用することの重要性といった、広範囲の話題を扱います。

ご要望、ご質問はございませんか。