eモビリティ・テスト・ソリューション

エコシステム全体の安全性、機能性、規格への準拠に対するE-モビリティテストは、製品に対する市場の信頼性を高めます。 テストにより、ドライバーと運送会社の両方にとって、走行距離、信頼性、値打ち感が向上します。

キーサイトの Scienlabのe-モビリティ・テスト・システムとソフトウェアは、ハイブリッド車や電気自動車の規格に準拠した電子部品の開発用にカスタマイズされた環境を提供します。 キーサイトのテストソリューションは、電気自動車(EV)のバッテリー、バッテリー・マネジメント・システム(BMS)、インバータ、EVや電気自動車充電設備(EVSE)の充電インタフェース、グリッドエッジなど、e-モビリティのアプリケーション迅速な開発を後押しします。

E-モビリティ(エレクトロモビリティ)とは。

エレクトロモビリティまたはe-モビリティとは、移動手段の電化のことを指します。 自動車業界での、従来のガソリン走行の内燃エンジンからハイブリッドEV(HEV)やフルバッテリーEV(BEV)への移行を意味します。

電動化された自動車は、増え続ける再生可能エネルギー源からEV用電池のサプライチェーンまで、従来のものよりも大きなエコシステムを必要とします。 安全性と信頼性に関する業界のコンフォーマンス基準を満たすためには、e-モビリティ環境全体のテストが必要となります。

E-モビリティ・テスト・ソリューションの重要性の詳細

エレクトロモビリティ市場における規格とアプリケーションの急速な進化は、EVおよびEVSEメーカーにいくつかの課題をもたらしています。 安全規格を満たすことのほかに、すべてのプラグ・アンド・チャージ・サービスの相互運用性を確保し、新たなV2G(vehicle-to-grid)の規格に適合させることが、e-モビリティへの移行を成功させるための重要な検討事項です。詳細については、これらのリソースをダウンロードしてください。

EVバッテリー・テスト・ソリューション

バッテリーセルは、最新の電気自動車に搭載されるモジュールやパックの基本的な機能ブロックです。 電池化学の理解から、モジュールの接続性、走行中の電気自動車の過酷な環境下でのパック性能まで、各段階で特性を把握するためのテストは不可欠です。 より良い電池を作るためには、バッテリーテストにおけるエミュレーションと自動化がこれまで以上に重要です。

EVバッテリーテストの詳細

EV用リチウムイオン(Li-ion)バッテリーの平均的なコストは、過去10年間で技術の進歩により80 %削減されましたが、依然として電気自動車の中で最も高価な部品はバッテリーです。 バッテリーの容量と寿命を延ばしつつ、この部品のコストを削減することは、今後数年間、電気自動車がより多くのドライバーに支持されることにつながるでしょう。
Scienlabのテストシステムにより、電気自動車用のバッテリーセ/モジュール/パック、バッテリー・マネージメント・システム(BMS)を包括的かつ確実にテストが可能です。 キーサイトのScienlab Energy Storage Discover(ESD)ソフトウェアは、カスタマイズされた性能/機能/エージング/環境テストを実行できます。 このソフトウェアには、国際標準化機構(ISO)、ドイツ標準化機構(DIN)、欧州規格(EN)、SAE(Society of Automotive Engineers)などの組織の規格準拠テストやコンフォーマンステストが含まれています。

White Papers 2022.05.25

Investing in EV Battery Testing — Benefits for EV battery designers

Investing in EV Battery Testing — Benefits for EV battery designers

Phasing out gas-powered internal combustion engines (ICE) and moving towards clean energy electric vehicles (EVs) brings substantial technology investments to deliver EVs to the mainstream market. Government legislation to eliminate or limit the production of ICEs by 2035 is creating a surge in demand for the EV ecosystem. This in turn, is driving demand for more efficient ways of EV battery system.At the epicenter of this increase in the market, demand is the battery — the subsystem of EVs that makes a sustainable electrified transportation system possible. The objective is to develop EV batteries that improve durability, power density, and operational safety using a fast, cost-effective, and energy-efficient process. One important aspect of EV battery design is performance testing. It is a critical process that includes the design, production, and system integration phases to ensure that all EV batteries entering the open market are of the highest quality for safety and operational performance.EV battery testing can be an expensive, time-consuming task without the latest systems and methodologies. Using both best practices and state-of-the-art EV battery technologies throughout the design process can help you resolve EV battery design challenges quickly and easily.Download this whitepaper and explore the importance of investing in an end-to-end EV battery testing system. It also discusses how investing in cutting-edge EV battery technologies can improve the quality and performance of EV battery designs to help battery designers without compromising range performance, power density, and safety.

2022.05.25

E-モビリティのよくある質問

e-モビリティとは

エレクトロモビリティまたは-Eモビリティとは、自動車の内燃エンジンパワートレインから電動パワートレインへシフトする技術のことです。 自動車メーカー(OEM)、EVバッテリー開発会社、グリッドエッジ開発会社が一体となって、技術による二酸化炭素排出量削減を目指しています。 これらの業界では、この複雑なエコシステムのすべての部分が結束して確実に機能するように、e-モビリティのテストソリューシ ョンを必要としています。

BEV、PHEV、HEV、MHEV の相違点について

バッテリー電気自動車(BEV)は、搭載されたバッテリーで電気モーターを駆動します。 自動車やバスのほか、たくさんの二輪車や船もBEVです。

ハイブリッド電気自動車(HEV)は、燃料を使うエンジンとより大きなバッテリーでの電気モーターを両方備えています。 外部電源に接続してもこのバッテリーは充電されません。 ドライバーがブレーキを踏むとバッテリーが充電される、いわゆる回生ブレーキとして知られるプロセスです。 HEVの走行距離は、電池だけで走ると2〜5マイル(3〜5km)しかありません。

マイルドハイブリッド車(MHEV)は、適度な大きさの48 Vバッテリーや電気モーターを使用し、車の内燃エンジンの効率を高めることで、燃料の節約に貢献しています。 MHEV は、クルージング時、減速時、ブレーキ時にエンジンを停止させることができます。

プラグインのハイブリッド車(PHEV)は、充電ポイントからの充電を必要とする電気モーターと内燃エンジンの両方を搭載しています。 MHEVとは異なり、PHEVはより大きなバッテリーサイズを使用し、グリッドから充電できるため、電力のみによる平均走行距離は30マイル(50 km)です。

e-モビリティ普及に直面する最も大きな課題の2つとは

1. 走行距離への不安:ドライバーは、近くに充電ステーションがないと、自分の車が電気がなくなることについて不安になります。 EVのバッテリー性能の向上と充電インフラへの投資拡大により、この不安は解消されつつあります。

コスト上昇:バッテリーは電気自動車の総コストの30 %を占めています。 バッテリー技術の向上により、この部品のコスト削減を後押ししています。

ご要望、ご質問はございませんか。