自動車イノベーションの最も野心的な分野の1つは、自動運転です。アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)は、人が運転する現在主流の自動車と、プロトタイプ段階の自動運転システムの両方に用いられ、安全性の大幅な向上に寄与しています。これによって多くの人命が救われるはずです。

キーサイトは、このようなミッションクリティカルなイノベーションに対する最高のシミュレーション/テストソリューションを提供し、その信頼性の確保と、正確かつ信頼できる動作の検証と実証を可能にします。

アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)の実現

レーダーやカメラ、LiDAR、センサといったテクノロジーと、強力な人工知能(AI)ソフトウェアの組み合わせによって、あらゆるレベルのアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)が可能になり、自動運転車が現実となるでしょう。

キーサイトは、最高のシミュレーション/テストソリューションによる正確で信頼できる動作の検証と実証を通じて、デザイナーやエンジニアがミッションクリティカルなシステムの完全な安全性を証明できるように支援します。

次世代の車載用レーダー

自動車業界で採用される車載用レーダーの周波数範囲が、24 GHzから77~79 GHzおよびそれ以上へと拡大するにつれて、テストセットアップ、広帯域ミリ波測定、S/N比の損失に伴うデザインとテストの課題への考慮が必要になります。

車載用レーダーのデザインを適切に検証し性能を実現するには、高度なミリ波テクノロジーを使用し、さまざまなレーダー信号をシミュレートし、信号を解析して特性を評価する必要があります。

車載用無線デザインの市場投入を高速化

無線通信テクノロジーは、自動運転車両における走行の安全性と利便性を確保することを約束します。V2Xのビジョンを実現し、自動運転車を通じてADASの可能性をフルに発揮させるための手段として、802.11p DSRCとセルラーLTEの2つのテクノロジーが競っています。キーサイトのテスト/測定ソリューションは、自動運転に不可欠な無線テクノロジーのデザインと製造の迅速化を支援します。

シミュレーションによる時間と費用の節約

実環境における交通状況のシミュレーションは、きわめて困難な作業です。車両周辺の環境をデザイン解析に組み込む場合でも、搭載した車載用アンテナのパターンを製造時に評価する場合でも、性能が重要な意味を持つセンサは、出荷前に徹底したテストを行う必要があります。キーサイトのSystemVueレーダーライブラリは、高度にパラメータ化されたシミュレーションモデルと、高レベルのリファレンス・デザイン・ワークスペースを含み、レーダー信号の発生、処理、環境の影響等のレーダーシステム運用シナリオの作成を可能にします。

お客様の声

あるグローバルな大手自動車メーカーでは、高周波/広帯域幅レーダーセンサを使用したアドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システムを開発する際に、SystemVue車載用レーダー・ライブラリ・ソフトウェアと、業界最高のM8195A 任意波形発生器およびN9041B UXAシグナル・アナライザを使用することで、デザインプロセスの早い段階で問題を検証して解決できるようになり、開発の時間とコストを大幅に節約できました。

さらに詳しく

ご要望、ご質問はございませんか。