Keysight World 2020 東京 見逃し配信

2020年7月16-17日に開催されたKeysight World 2020 東京より、人気の高かったセミナーから厳選してオンラインでお届けします。皆様のご参加をお待ちしております。

FAQ

  • ご興味のあるセミナータイトルをクリックして、受講登録・視聴にお進みください。
  • 登録画面からセミナ一覧に戻るためにはブラウザの「戻る」から戻れます。
  • 開始時刻の15分前からセミナー視聴用のページにアクセスいただけます。
  • 資料は、各セミナー視聴用の画面からダウンロード可能です。
  • 欠席や代理出席のご連絡は不要です。新規にご登録頂ければ、セミナー当日でもお申し込み、ご参加いただけます。
  • Internet Explorerをお使いの場合に、Cookieの設定により視聴画面にアクセスできないケースが報告されています。Cookieを有効にして頂くか、Chrome等の他のブラウザの使用をお薦めします。
  • お客様情報をご登録頂いた際と異なるブラウザでアクセスした場合に、登録フォームが再度表示されますが、フォーム下部の「ログイン (登録済みの方)」から、ご登録済みのメールアドレスを入力頂ければ、フォームの入力を省略いただけます。
  • セミナー視聴に関するお問い合わせは、本ページ下部に記載のイベント事務局までご連絡ください。

開催セミナー概要

5G & 6G

5G商用サービスが国内でも始まり5Gビジネスは今後大きく拡大していくと予想されます。あらゆる機器に5Gモジュールがエンベッドされネットワークに常時接続される時代の幕開けです。ミリ波・OTA(Over The Air)をはじめとする5G測定の基礎知識と共に、ユースケースとして注目を集めるローカル5G、世界の5Gデバイスへの取り組み、次世代である6Gまで、明日の5G/6G 技術に関する幅広い知見を提供いたします。

次世代高速デジタル規格

情報通信技術の拡充を支えるため、第5世代高速デジタル規格の市場投入が迫ってきています。本トラックではPCIe®Gen5/DDR5/USB4の世界動向、コンプライアンス試験の現状と今後、シミュレーションと計測を融合した設計評価、不具合解決事例などを紹介します。

データセンタを支えるフォトニクス

今日のハイパースケールデータセンターは地理的に分散された複数のデータセンターを接続し、一つのデータセンターとして運用されています。大容量のデータを地理的に分散されたデータセンターで扱うためには、データセンターインターコネクト(DCI)の品質担保が極めて重要となります。本トラックでは、DCIで用いられる光通信技術ならびにその評価方法について解説します。

量子技術を支える最先端評価環境

小規模の量子コンピューターが数社から発表されるなど、量子コンピューター、量子通信、量子センサといった量子技術の研究がますます活発になっています。量子ビットの設計検証、評価、および製造には、様々な最先端の評価技術が利用されています。本トラックでは量子コンピューター研究の最前線と、量子技術の研究を支えるキーサイトの取り組みを紹介します。

防衛/宇宙機器・開発評価

防衛や宇宙機器で使用される装置には常に最先端技術の搭載が試みられており、その設計検証および性能、機能評価では、実環境に近い過酷な計測アプローチが必要です。一方、NewSpaceに代表される新しい宇宙ビジネスでは市販品(COTS品)を多用した低価格な衛星開発のチャレンジが進んでいます。本トラックでは海外での事例を基に、最新のレーダー/電子戦評価の最前線、そして新しい宇宙ビジネスの潮流やそこで注目されるテクノロジーや計測ソリューションについて紹介します。

SI/PIとノイズ解析

SI(シグナルインテグリティー)とPI(パワーインテグリティー)の重要性は、高速デジタル機器にとどまらず、車載機器、5G 端末および基地局、防衛機器などあらゆる分野に共通します。IC の高速・低電圧化に伴う電源ノイズ対策。高速伝送路のクロストークを含む信号品質問題。ノイズの可視化など統合的に問題を捉え、シミュレーションと実測の両面から最新評価技術に迫ります。

ネットワーク設計運用&セキュリティー

近年 ITシステムがより複雑化し、ネットワーク監視運用で様々な課題が生じています。また、より高度化・複雑化するサイバー攻撃により、組織のセキュリティー機能が期待通りに動作しているのかを検証するニーズも高まっています。本トラックでは、複雑化するネットワーク環境においてよりスマートなトラフィックの監視の方法や、組織のセキュリティー機能を手軽に可視化するためのソリューションを紹介します。

CASE時代のパワエレ最前線

パワーエレクトロニクスは自動車、産業機器の電動化、高効率化を支えています。本トラックでは、次世代EVの実現に欠かせない、バッテリーや充電器の新しいテスト技術、電力変換回路の最新研究、また、設計においてより高精度なシミュレーションを可能にした、動特性試験(ダブルパルステスター)データの活用事例について紹介します。

自動運転/コネクテッドカー

CASE時代の車産業において新しい技術の導入は必須の状況です。どのようなテクノロジーが搭載されていくのか?ユースケースは? 規格や法規制は? そしてどのように検証していくのか? 主要な OEM、研究機関、チップベンダー、サプライヤが掲げる目標、課題、取り組みを通じ、明日の自動車技術に関する幅広い知見を提供します。

招待講師のご紹介

(開催日時順)

中村 武宏様

株式会社NTTドコモ

執行役員
ネットワークイノベーション研究所所長

寳迫 巌様

国立研究開発法人
情報通信研究機構

ワイヤレスネットワーク総合研究センター
総合研究センター長
テラヘルツ研究センター
研究センター長

根本 健二様

Qualcomm CDMA Technologies

Marketing Sr.Director

藤本 幸一郎様

日本電気株式会社

デジタルネットワーク事業部
上席事業主幹

川畑 史郎様

国立研究開発法人
産業技術総合研究所

ナノエレクトロニクス研究部門
研究グループ長

五十棲 洋一様

ルネサス エレクトロニクス株式会社

オートモーティブソリューション事業本部
車載SoC開発統括部 車載SoCシステム開発部 第三課
主任技師

山元 哲様

ヤマハファインテック株式会社

FA事業部FA営業部

鴨田 浩明様

経済産業省

商務情報政策局
サイバーセキュリティ課
企画官

日下 佳祐様

長岡技術科学大学

電気電子情報工学専攻
助教

植田 桂司様

Qualcomm CDMA Technologies

Marketing Staff Manager

井上 博之様

広島市立大学

大学院情報科学研究科
准教授

本イベントで得た個人情報・アンケート情報は、お客様へ連絡をし、お客様へのサービスや特典に関する情報を更新するなど、より良いサービスを提供するためにのみ使用します。なお、同様の目的のため、弊社のビジネスパートナー(契約販売店、ソリューションパートナー、レンタルなど)と共同利用させていただく場合がございます。詳細は「キーサイト・テクノロジーズ・インクにおけるお客様のプライバシーに関する声明」をご参照下さい。また、ご登録されましたセミナーの講師の企業・団体に対し、個人情報保護に関する契約を締結の上、第3者提供する場合がございます。第3者提供された情報は、講師によるセミナーに関するフォローアップや、セミナー講師の企業・団体での電子メールや電話による販売活動、研究開発活動を目的として使用されます。セミナーのご登録により、プライバシー・ステートメントおよび上記の個人情報の取り扱いについて、ご同意いただいたものとみなします。

お問い合わせ先

Keysight World 2020 東京 イベント事務局

Email:keysightworld@cgc.co.jp