電気自動車(EV)や自動運転車では電気系統の複雑化と共に車載テクノロジーの採用が急速に進み、更に車載機器にはWi-Fi、Bluetoothなど無線技術が当たり前のように取り入れられています。一方で無線技術ではサイバーセキュリティーに対する脅威も考慮する必要があります。この様な背景からISO/SAE21434により、自動車メーカーだけではなく、部品メーカーにもサイバーセキュリティー対策が求められるようになり、開発の各段階でセキュリティーのテストを実施することになります。本ワークショップでは、これらのテスト手法と、お問い合わせの多いEV充電における超急速充電とEMC試験をテーマに、日本人講師によってセミナー配信させていただきます。お気軽にご参加くだい。

自動車サイバーセキュリティー・テスト・プラットフォーム

概要

ISO/SAE21434により、自動車メーカーだけではなく、部品メーカーにもサイバーセキュリティー対策が求められるようになり、開発の各段階でセキュリティーのテストを実施することになります。セキュリティーテストのツールは様々ある上、利用する有線、無線インタフェースの準備も必要です。キーサイトでは、無線、有線のインタフェースとセキュリティーのテストツールを組み合わせたプラットフォームを用意しました。準備されたテストを組み合わせて実行するだけで、セキュリティーのテストが可能です。さらに、Wi-Fi、Bluetoothのテストは独自のファジング手法により、網羅性の高いテストを実現しています。 

講師 弊社エンジニア 高野 修平

 

費用 : 無料

場所 : オンライン

日時 : 2021年5月21日(金)9:30 – 10:30

EV充電試験ワークショップ

- EV充電における超急速充電とEMC試験

費用 : 無料

場所 : オンライン

日時 : 2021年5月21日(金)10:45 – 11:45

概要

車社会におけるEV化の波がついに本格化してきました。EVユーザーにとっての一番の懸念は、どの車両でも、どの充電器とでも正しく充電ができることですが、日本の開発者にとって海外のCCS、GB/T規格に対してどう相互接続性を担保するかは大きな課題となっています。

本セミナーでは、EV充電における相互接続性の検証方法をご紹介するとともに、次世代超急速充電に対応する試験装置、そしてEMC試験対応したEV充電エミュレーターをご紹介します。      

アジェンダ 

1. 海外市場のEV(電気自動車)充電規格と開発・検証における問題点

2. EV充電の相互接続性検証

3. 超急速充電試験とEMC試験

講師 弊社エンジニア 中野 敬介
 
本セミナーは2021年3月19日(金)に配信したセミナーの再配信です。

ご要望、ご質問はございませんか。