Column Control DTX

SINAD Measurements Using the Keysight U8903A Audio Analyzer

アプリケーションノート

This application note discusses the use of the Keysight Technologies, Inc U8903A Audio Analyzer in characterizing radio receiver sensitivity by means of measuring SINAD. An overview of the measurement is given and potential differences in results between the modern U8903A and older generation instruments like the 8903B are discussed. SINAD is an acronym for SIgnal, Noise And Distortion. It is an audio quality value that is typically used to specify the RF sensitivity of radio receivers.

×

営業担当者からご連絡させていただきます。

*Indicates required field

ご希望の連絡手段を選択してください。*必須項目です。
Preferred method of communication? ご登録のEメールアドレスの変更
Preferred method of communication?

続行することにより、プライバシーポリシーにご同意頂いたものとみなします。 こちらのデータの利用方法については、キーサイトのプライバシーステートメントをご確認ください。キーサイトプライバシーステートメント にご同意頂いたものとみなします。また、弊社及び弊社販売店からご連絡を差し上げる場合がございます。

ありがとうございました。

A sales representative will contact you soon.

Column Control DTX