検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4214A POS-PHY Level 4(別称、SPI-4.2)プロトコル解析ツール

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • ロジック・アナライザが捕捉したSPI-4.2データをテキスト・デコードで表示
  • 制御シンボルとパケットのデータ破損エラーを検出して表示
  • 16760Aロジック・アナライザでのアイドル・バス・サイクルのリアルタイム・フィルタリングを実現
  • プロトコル・データのポスト・プロセッシング・フィルタによりパケット情報のカスタム表示が可能

概要

N4214A POS-PHY Level 4プロトコル解析ツールは、プロトコルのデコード機能やエラー検出機能をロジック・アナライザに追加するソフトウェアです。このツールを使用すると、POS-PHY Level 4(別称、SPI-4.2)バス上のデータをハイ・レベル・プロトコルで表示して容易に解析することができます。

このツールをKeysight 16760Aロジック・アナライザ・モジュールと組み合わせて使用することにより(アイドル・バス状態のリアルタイム・フィルタリングで、アナライザのロングメモリを最大限に有効活用し)、ATM、Ethernet、パケット・オーバSONET(ポイントツーポイント・プロトコル)やTCP/IPプロトコルのようなマルチレイヤ・パケットをデコードすることもできます。また、このツールでは、DIP-4バス・パリティ・エラーや32ビット・パケットCRCエラーが存在する場合には、これらの検出も行えます。

すべてのSPI-4.2トラヒックにロジック・アナライザ内でタイムスタンプが付けらるため、RapidIO、、マイクロプロセッサ・バス、メモリ・インタフェース、ネットワーク・プロセッサなどの他のシステム・バスと時間相関のとれた測定が行えます。