検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4220A PCI Express用パケット解析プローブ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

特長

  • PCI Expressスロットおよびチップ間リンクの非介入プロービング(リンク幅: x16、x8、x4、x2、x1)
  • PCI Expressを2.5 GT/sのフル周波数でサポート
  • PCI Expressバスでのパケット・レベルでのトリガとデコード
  • 詳細についてはデータシートを参照

概要

N4220A PCI Express用パケット解析プローブにより、PCI Expressバスでのパケットベースのトリガや表示が可能になります。このプローブを使用すると、フル周波数(2.5+GT/s)でPCI Expressを行き交うデータをハイレベル・フォーマットで捕捉し、16700シリーズ・ロジック解析システムに表示することができます。このツールでは8B/10Bエンコーディッド・データやスクランブル・データをデコードしてパケットベースのリストを表示できます。

N4220A解析プローブは、いくつかの定義済みパケットをデコードするとともにユーザ定義によるパケット・セットアップにも対応します。また、パケット・レベルでのトリガも記述できます。

すべてのPCI Expressトラヒックにロジック・アナライザ内でタイムスタンプが付けらるため、pProcessorシステム・バス(FSB)、メモリ・インタフェース、シリアルATAなどの他のシステム・バスと時間相関のとれた測定が行えます。