検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

拡張パワー・レンジおよびバイアス・ティー(Opt219)

購入窓口
  • Keysight - 納期はお問合せ下さい

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 信号源ステップ・アッテネータにより、増幅器測定用にパワー・レンジを拡大可能
  • バイアス・ティーにより、適切なDCバイアスを増幅器に提供
  • レシーバ・ステップ・アッテネータにより、高利得増幅器のテストを実現

概要

このオプションは、標準テスト・セットに、N5241A/42A用の65 dB信号源アッテネータ、N5244A/45A用の60 dB信号源アッテネータ、N5247A用の50 dB信号源アッテネータ(N5241A/42A用は5 dBステップで設定可能、N5244/45A/47A用は10 dBステップで設定可能)をそれぞれ1個ずつ、 N5241A/42A/44A/45A用の35 dBレシーバ・アッテネータ(5 dBステップで設定可能)を1個、N5247A用の50 dBレシーバ・アッテネータ(10 dBステップで設定可能)を1個、各テスト・ポートに対してバイアス・ティーを1個追加します。オプション219にはオプション200が必要です。

信号源ステップ・アッテネータは、小テスト信号を出力できるので、高利得増幅器のテストに最適です。レシーバ・アッテネータは、大信号インシデントを原因とするレシーバ圧縮を回避します。PNA-Xは、アッテネータとの組み合わせにより、増幅器測定用の柔軟なテスト・セットを実現します。