検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Optical Transceiver for Characterization

迅速かつ正確な特性評価

MSA グループから求められる XFP/XFI 電気試験の最も複雑な部分は、レシーバ・ジッタ耐性測定です。 レシーバにストレスを与えるために、RJ, DCD, PJ および ISI が混ざった信号が必要です。 試験は、正弦波ジッタ振幅を変えながら完璧なジッタ耐性解析 (アイ・マスク試験, ジッタ試験, 出力レベル試験) が要求されます。

Optical Transceiver for Characterization

Keysight J-BERT N4903A は、XFP モジュールのレシーバおよびトランスミッタの特性を素早く正確に測定します。電気信号および光信号の精密な波形およびアイ解析のために、広帯域オシロスコープ Keysight 81600C DCA-J が使われます。 さらに、光パワー・メータおよび光アッテネータが試験セットアップを側面から補佐します。

Keysight J-BERT N4903A がもたらす便益

  • 校正された RJ, PJ, ISI ジッタ・ソースおよび正弦波妨害を使い、アイ垂直開口による自動ジッタ耐性試験を素早く効率よく XFP モジュール (1000 UI @ 100 Hz ~ 2.5 UI @ 300 MHz) 用の自動レシーバ・ジッタ耐性マスク試験
  • 合否判定付きアイ解析でトランスミッタのアイ・マスクを素早く試験
  • コンプライアンス試験ライブラリ
  • 高速トータル・ジッタ測定アルゴリズムが時間単位の試験を分単位に短縮