検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

校正されたジッタの発生

Keysight BERT は、現実に即したストレス状態と最悪の場合のストレス状態を実現するために、ジッタ (RJ, PJ, BUJ, ISI, SI) の構成を制御することができます。 たとえば、代表的な例として、 SJ と PJ を周波数および振幅で掃引し、レシーバが耐え得る最大のジッタを探ることにより、レシーバのジッタ耐性を把握することができます。 完全なジッタ耐性試験機能を BERT に組込むことにより、試験セットアップから複雑さと言う課題が払拭され、試験着手までの時間がセーブされます。

Jitter Tolerance

リアル・タイムまたはサンプリング・オシロスコープを使うことにより、ストレスの度合いを検証し、どのようなビット・パターンでもその波形を精密に解析します。レシーバ耐性試験では、しかしながら BERT も必要です。 BERT のパターン発生器は、受信パターンの BER レベルをモニタしながらストレス信号のパターンを注入することができます。

あなたの利点

完璧なジッタ耐性
Keysight J-BERT は、SJ, RJ, ISI および正弦波妨害のための校正されたジッタ・ソースを内蔵しています。 自動ジッタ耐性特性測定およびコンプライアンス・ルーチンにより、試験結果を即座に提示します。 BERT に完璧なジッタ注入機能を含ませることで、試験セットアップに関わるプログラム作成時間の短縮や複雑さによる面倒さを低減し、エンジニアの時間を何週間分もセーブします。

自動ジッタ耐性コンプライアンス試験
コンプライアンス試験は、レシーバが標準を満たしているかをチェックし、標準を満たせない設定を特定します。 J-BERT によるこの結果表示スクリーンは、標準を満たせない試験ポイントを赤×印で示します。 標準を満たす場合はそのポイントを緑○印で表示し、簡潔かつ迅速な判断に供します。自動ジッタ耐性測定機能は、変調周波数および振幅で SJ と PJ を掃引することにより、レシーバが耐え得る最大のジッタ値を自動的に探索します。 J-BERT は、そのようなジッタ耐性の自動測定機能を持っています。

Jitter

マルチ・レーンの特性測定
マルチ・レーンの場合、最大の課題は各チャネルを走るパターン発生器が同じ速度で同期することを保証することです。 キーサイトは、そのモジュラ構成の Keysight ParBERT 81250 で業界をリードします。 試験セットアップの校正に要する長い時間と面倒なチェックを短縮し、信頼のおける最良の結果をもたらします。