検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N5397A InfiniiumシリーズMSO用Xilinx FPGAダイナミック・プローブ・オプション

販売/サポート: 販売・サポート終了製品
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

FPGAの内部信号動作を外部アナログ・イベントと関連付けて表示可能

  • Xilinx FPGAの内部信号動作を表示可能
  • 各ピン毎に最大64個の内部信号にアクセスしてデバッグ可能
  • 6分間のビデオ

複数の測定を数秒で実行

  • 数秒で内部プローブ・ポイントを切り換えることができます。このプローブがないと、プローブ・ポイントをFPGA内部で移動するのに時間がかかります。このプローブにより、FPGAデザインを変更しなくても1秒足らずで、別の複数の内部信号を簡単に測定できます。

デザイン環境を最大限に活用

  • デザイン環境で使用した内部信号名をMSOのラベルに自動マッピングでき、作業効率が向上します。

要件

  • Xilinx ISEおよびChipScope Proが必要(Vivadoを使用して作成したデザインには未対応)

オシロスコープサポート

  • 9000AシリーズInfiniiumオシロスコープ
  • 9000HシリーズInfiniiumオシロスコープ
  • 90000XシリーズInfiniiumオシロスコープ

概要

Keysight FPGAダイナミック・プローブは、FPGAを搭載したシステムのデバッグを加速します。測定のセットアップ時間を短縮し、数分でFPGAの内部信号を測定できます。FPGAを停止したり、HDLデザインやタイミングを変更したりせずに、次々に別の内部信号を測定することができます。

KeysightのFPGAダイナミック・プローブ・ソフトウェアは、Xilinx ChipScope ProソフトウェアのATC2オンチップ・デバッグ・コアとインタフェースできます。