検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E6832A E6601A 無線通信テスト・セット用 W-CDMA 校正アプリケーション

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

この製品は販売を終了します。最終発注日は2011年10月31日です。後継製品はE1963A(E5515Cアプリケーションの1つ)です。

特長

  • W-CDMA ARB 信号源による柔軟な電話機レシーバ(RSSI)テスト
  • フル・セットの高速トランスミッタ測定により、すべての W-CDMA/HSDPA チップセット校正をサポート
  • ダイナミック・パワー機能が一連のパワー測定を高速に実行し、高速振幅評価を実現(チップセットのサポートが必要)
  • オプションの高速デバイス・チューニング能力は、ダイナミック・パワー、周波数ホッピング、同時ソース(RSSI)の組み合わせにより、サポートされるチップセットの高速トランスミッタおよびレシーバ評価を実現

確度

  • QPSK 変調残留 EVM < 10%(代表値 < 3%)
  • チャネル・パワー測定確度 < ± 0.6 dB(代表値 < ± 0.3 dB)
  • EVM測定 < ± 2.5% rms

ダイナミック・レンジ

  • チャネル・パワー測定範囲 -65 dBm~+28 dBm
  • 波形品質測定 -25 dBm~+28 dBm

概要

E6601A テスト・セット用の Keysight E6832A W-CDMA 校正アプリケーションは、W-CDMA、HSDPA 移動機デバイスの校正に必要な機能すべてを提供します。この校正アプリケーションは量産環境での非シグナリング・テスト用で、市場投入時期の目標達成、W-CDMA/HSDPA 無線デバイスのテスト・コストの削減を可能にします。

W-CDMA/HSDPA テスト・ソリューションは、新しい次世代ハイパフォーマンス E6601A テスト・セットをベースにしています。業界最高の測定速度、内蔵 Windows® PC を備え、ライセンス方式をタイムベースとポータブルから選択できます。校正、柔軟なライセンス方式、内蔵 PC、高速測定に焦点を合わせたアプリケーションにより、このテスト・セットの次世代機能は、スループットの向上とテスト・コストの削減を可能にする UMTS 校正ソリューションを提供します。

  • 柔軟な移動機レシーバ(RSSI)テスト用の ARB 信号源
  • トランスミッタ測定のフル・セット:
    - 平均パワーおよび RRC フィルタ処理済みパワー
    - 隣接チャネル漏洩電力
    - スペクトラム・エミッション・マスク
    - EVM
    - 周波数誤差
    - ピーク・コード・ドメイン・エラー
    - 占有帯域幅
  • 高速パワー測定のためのダイナミック・パワー機能
  • 高性能スペクトラム・モニタ
    - Windows® インタフェースでのスペクトラム解析
  • オプションの高速デバイス・チューニング機能
    - Txパワーと 20 msステップ・サイズでの RSSI の同時測定
    - 5 ms~20 ms の可変ステップ・サイズが可能なアップグレード