検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

信号特性

  • 100 kHz~3または6 GHz
  • >+23 dBm(~3 GHzまで、高信頼性、高速スイッチングの電子アッテネータを使用)
  • W-CDMAダイナミック・レンジ:≦-73 dBc(+5 dBm出力パワー)
  • ≦900 μsでの周波数/振幅/波形の同時スイッチングが可能(リスト・モード)

変調および掃引機能

  • AM、FM、φM、パルス変調
  • ASK、FSK、MSK、PSK、QAM
  • 周波数/パワー/波形の同時スイッチング機能を備えたデジタル・ステップ/リスト掃引

ベースバンドの発生と信号作成

  • リアルタイム・イコライゼーションを備えた100 MHzの内蔵I/Qベースバンド・ジェネレータにより、優れたEVM性能を実現
  • 最高64 Mサンプルの再生メモリと800 Mサンプルの保存
  • 基準信号の作成:・LTE、HSPA+、WiMAX™、無線LAN、DVB-H、DAB、MATLABなど - 信号作成
  • N5106A PXBシリーズ ユニバーサル受信機テスタとの併用による、マルチチャネル・ベースバンド発生、デジタルI/O、MIMOフェージング、RF-RF間フェージング機能

自動化/通信インタフェース

  • 100BaseT LAN、LXI class-B、USB 2.0、GPIB
  • SCPIおよびIVI-COMドライバ
  • 以前のすべてのESG/PSG/8648信号発生器およびその他のベンダの信号発生器で使用可能
     

概要

要求の厳しい製造ライン用のデザイン

N5182A MXGベクトル信号発生器は、周波数/振幅/波形の高速スイッチング機能、電子アッテネータ搭載のハイ・パワー出力、高い信頼性のすべてを、2個分のラック・ユニットで提供し、携帯電話通信/無線インタフェース・コンポーネントの製造に最適です。 MXGベクトル信号発生器は、スループットおよびテスト歩留まりの向上、アップタイムの最大化、ラック・スペースの節約を実現します。また、ユーザ固有のテスト・ニーズに合わせて、RFおよびベースバンド性能を拡張できます。

クラス最高のRF性能で、将来のコンポーネント・デザインにも対応

MXGベクトル信号発生器を使用すれば、ハイ・パワーと低い歪み性能の組み合わせにより、正確かつ確実にコンポーネント・デザインを検証できます。MXGは、低いACLR性能(+5 dBmのW-CDMAの1搬送波では-73 dBc)のおかげで、Signal Studioソフトウェアなどの柔軟な信号作成ツールと組み合わせれば、W-CDMAやWiMAX™用の優れたソリューションとなります。

アップタイムの最大化

メンテナンスが簡単なので、修理や性能の検証に要する時間が短縮されます。また、フィールド交換アセンブリにより、ダウン・タイムを2時間以内に抑えることができます。

新しいEXG Xシリーズ信号発生器への移行と真の性能の作成

新しいEXGは、第1世代MXGの価値と性能に加えて、波形メモリ、帯域幅、逆電力保護レベル、スプリアス・レベルの大幅な機能拡張を提供します。また、リアルタイム・ベースバンド・ジェネレータ、高出力パワー、内蔵のマルチ・ファンクション・ジェネレータなどのオプションにより、性能や機能を拡張することができます。第1世代MXGから新しいEXGに移行する理由

 

関連する業種&テクノロジー